まるで「シムシティ」 メキシコ郊外の新興住宅地を空撮 政府による無秩序な住宅計画で現れた異様な光景 - 産経ニュース

まるで「シムシティ」 メキシコ郊外の新興住宅地を空撮 政府による無秩序な住宅計画で現れた異様な光景

 メキシコでは、政府による無秩序な住宅計画が進められた結果、過度に密集した低所得者向け住宅があちこちに点在している。その異様さは、空から見下ろすとさらに顕著になる。ゲーム「シムシティ」の世界か、はたまたディストピアを思わせるような「不気味な楽園」をとらえた写真を紹介しよう。
このレインボーカラーの住宅開発地区は、メキシコのヌエヴォ・レオン州の地方都市、サリーナス・ヴィクトリアにある。PHOTOGRAPH BY JORGE TABOADA
メキシコ政府は2000年代初め、国内で最も貧しい数百万人もの市民のために手ごろな価格の住宅を建設するという、野心的な計画に取り組んだ。そして最終的には1,000億ドル(約11兆円)以上を費やし、無秩序に広がる数百カ所の住宅開発に着手した。
ところが、汚職やずさんな計画、お粗末な建築方法などに苦しめられるはめに陥った。そして現在もなお、開発された住宅地の多くでは、上水道や下水道が整備されていない。
メキシコの建築写真家、ホルヘ・タボアダは数年前、出身地であるヌエヴォ・レオン州の州都モンテレイ郊外に点在する住宅地に初めて気がついた。タボアダは、そうした住宅が大規模であること、そして非常に均質的であることに驚いた。それは空から見ると、特に顕著になった。
メキシコの集合住宅を上空から撮影すると、均質に密集した様子が非常によくわかる。写真は、モンテレイ郊外のガルシアで撮影されたもの。PHOTOGRAPH BY JORGE TABOADA
このカラフルな集合住宅は、モンテレイ郊外のアポダカにある。PHOTOGRAPH BY JORGE TABOADA
非常に単調で密集した開発地区について、タボアダは「地上からは見ることができない衝撃的な現実です」と、語る。「このような低所得者向け住宅がメキシコの主要な工業都市の郊外に数千単位で建設されていることを知って、記録に残し始めたのです」
■錯視をもたらす「不気味な楽園」
タボアダは1990年代半ばにメキシコのモンテレイ工科大学で建築を学んだ。その後、大学で学んだことを自分の写真に対する情熱に生かし、第一線で活躍する建築写真家になった。
最新の作品である「Alta Densidad(高密度)」には、メキシコ各地の住宅開発地区をヘリコプターから撮影した、大判の航空写真が収められている。上空から見ると、型にはめられたように同じ形の街並みが果てしなく続き、ゲーム「シムシティ」のような視覚的な美意識を醸している。
これらの画像には、ある種の抽象的なオプ・アート(錯視の原理に基づいて特殊な視覚効果を与えるよう計算された作品。オプティカル・アートの略)風の美しさがある。それでいて徹底した幾何学性は、人間が必要とするものについて無関心であることをさらけ出していると、タボアダは指摘する。
建築写真家のホルヘ・タボアダは、こうした開発地区の建築にはある種の美しさがあると認める一方で、これらを「不気味な楽園」と呼んでいる。PHOTOGRAPH BY JORGE TABOADA
モンテレイの近くにあるこの集合住宅は、まさに「シムシティ」の世界だ。PHOTOGRAPH BY JORGE TABOADA
「これらの建築、例えば単色が広がる風景やフラクタル的な形状について、ある意味で美しいとは思います。ただ、そのあとで思うのは、そこには人々が住んでいて、住宅の非人間化がもたらす結果に苦しんでいるということです」とタボアダは言う。「政府による適切な規制がなかったこともあり、大手建設会社は公園や憩いの場をわずかしか、あるいはまったくつくりませんでした。こうした住居は裏庭もなく、夏の間は非常に暑い小さなコンクリートの箱なのです。わたしはこれらを“不気味な楽園”と呼んでいます」
タボアダの作品は、ドイツのハンブルクで3年に一度開催される「Triennial of Photography」で、グループ展示の一環として7月に展示される予定だ。