マツダの特許から見えてきた、斬新な「わき見運転予防策」とは

 

 わき見運転には多くの予防策が講じられているものの、一向になくなる気配がない。そこに終止符を打つためにマツダが考えているのは、「運転を楽しくすること」かもしれない。同社の特許から見えてきた、新しい発想の「わき見運転予防策」の姿とは。

PHOTOGRAPH COURTESY OF MAZDA

 いつの日か、あるいは(住んでいる場所や外出先、クレジットカードの力量によっては)近い将来、運転中に周りに気を配らなくていい日がくるかもしれない。いつか、自分の代わりにロボットが周囲を見張ってくれるようになる。しかし残念ながらそれまでは、頭も目も手も足も一致団結してフル稼働だ。

 しかし、これは明らかに問題である。最近の研究によると、ほとんどの人間が道路に目を向けているべきときに携帯電話を見ているからだ。

ここ数年、わたしたちはわき見運転のありとあらゆる防止策を目にしてきた。運転手を見張るクルマ[日本語版記事]、よそ見防止用アプリ法制定わき見運転をしていると思しきユーザーをめがけてツイートを飛ばす……。しかし、問題は悪化するばかりだ

 そんななか、マツダは良案を思いついたらしい。わき見運転に終止符を打つために、運転をもっと楽しくするのだ。マツダは米国で新たに申請した特許のなかで、カメラと「アクセルからブレーキに足を移動させるのにかかった時間」といったインプットの分析を組み合わせることで、運転手の不注意を発見するシステムを提案している。

 さらに、このシステムは運転手にアドヴァイスをする可能性もある。単なる注意喚起ではなく、上手な曲がり方やよりスムーズな加速の仕方といったスキル向上のためのアドヴァイスだ。

 運転手に減速を促すため、スピーカーから実際よりも大きなエンジン音を出すこともあるだろう。もしかしたらタッチスクリーンから目を離させるために、わざと注意を要する運転が難しい道を運転手に提案することもあるかもしれない(そんなことが可能ならの話だが)。

変わる運転手とクルマの役割

 これはあくまで特許であり(見つけたのは自動車ライターのボジ・タタレヴィッチだ)、いまのところマツダはこれを実現するための計画を何も発表していない。しかし、このアイデアは運転の人間的な部分にフォーカスする同社の方向性と一致している。

 「車内で最もパワフルなコンピューターは用心深い運転手であること、そして目的地と同じくらい旅路も重要だということを、われわれはいまも全力で信じています」と、同社の広報を担当するジェレミー・バンズは言う。

時代遅れ、あるいは世の流れに鈍感なように聞こえるかもしれない。マツダはコンピューター関連で後れをとり、もう追いつくために頑張る価値もないと考えた可能性もある。しかし、マツダが申請したシステムのロジックは、わき見運転に対するアカデミックなアプローチとも合致するのだ。

 「将来運転手の役割がどのようなものになるかに関係なく、わたしたちはドライヴァーたちを運転に惹きつけるための手段を探しているのです」。こう話すのは、マサチューセッツ工科大学(MIT)でわき見運転を研究している人間工学の専門家、ブライアン・ライマーだ。

 運転手の役割は、テスラの「オートパイロット」機能やキャデラックの「Super Cruise」といった自動運転システムが、より多くのクルマに搭載されるにつれ変わっていくだろう。とはいえ人間のもつスーパーヴィジョンの必要性は、今後も長い間変わることはない。

 「運転中のながらスマホはやめましょう」という包括的な警告にほとんど効果がないことは、いまとなっては明らかである。大部分の時間では、スマホを見ることが事故がつながらないためなおさらだ。

しかし、目を離してもいいときと絶対にダメなときを知り、運転手の注意散漫を察知できるシステムは、ひょっとするとうまく機能するかもしれない。叱るのではなく、説得することで運転手の注意を道に戻すことができるシステムなら特にだ。

 人間にハンドルを握らせつつ、クルマに賢いロボットを登用しようとしているのはマツダだけではない。自律走行システムに長年目を光らせているトヨタもまた、危ないときだけ登場する“守護天使”テクノロジー[日本語版記事]の開発に取り組んでいる。ランボルギーニは、AIがスーパーカーをもっと楽しく運転する方法を教えられると考えているようだ[日本語版記事]。

 というわけで、ロボットが運転してくれることを楽しみに待つのもいい。そうでない人は、運転をもっと楽しくするロボットの登場を待っていよう。