積荷はテスラ車、BGMはデヴィッド・ボウイ。発射控えるスペースXの新型ロケット

 

 宇宙輸送のコストを革命的に削減している民間宇宙企業スペースXは、発射場にそびえたつ新型ロケット「ファルコンへヴィー」の姿を明らかにした。早ければ2018年1月末にもなるという初の打ち上げではテスラのスポーツカーが貨物として搭載され、同車中ではデヴィッド・ボウイの名曲が流れる予定だという。

スペースXの新型ロケット「ファルコンへヴィー」のデモミッションで搭載される、テスラの「ロードスター」。ロケット会社と電気自動車会社の両方を経営するマスクならではの発想だ。 PHOTOGRAPH COURTESY OF SPACEX

 すでに40回以上の打ち上げを成功させ、将来的には人類を火星に送り込むことを目指す民間宇宙企業スペースX。ロケットブースターの回収と再利用を開始するなど、宇宙輸送コストの劇的な削減を進めている[日本語版記事]同社は、新型ロケットの打ち上げを今月中に控えている。

 スペースXが打ち上げを試みようとしているのは、高さ70mの2段式ロケット「ファルコンへヴィー」だ。第1段ブースターは、現在運用されている「ファルコン9」を3機合体した設計になっており、合計27基のエンジンが搭載されている。打ち上げ時の推力はボーイング747の18機分に相当し、現在世界で運用されているロケットのなかでも最も強力だという。ファルコンへヴィーは、スペースXが同時に開発を進める次世代宇宙船「クルー・ドラゴン」[日本語版記事]も打ち上げることができ、将来的には月や火星への有人ミッションも行っていくという。

 当初2013年に打ち上げが予定されていたファルコンへヴィーは、開発の遅延により打ち上げ日が延期されていた。同社の最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスクによると、今週中にもロケットのエンジン燃焼試験を行い、実際の打ち上げは2018年1月末を予定しているという。打ち上げ後は、3機ある第1段ブースターのうち2機はフロリダ州のケープカナベラル空軍基地に着陸、殘る1機は大西洋に浮かぶ 無人ドローン船に洋上着陸させることを予定している。

今回の打ち上げは、顧客の積荷(ペイロード)を搭載しない、技術実証を目的としたデモミッションとなる。代わりに、ダミーのペイロードとして打ち上げられるのは、テスラモーターズのスポーツカー「ロードスター」だ。さらに、マスクは自身のInstagramで、火星の楕円軌道に乗るロードスターの車内ではデヴィッド・ボウイの「スペイス・オディティ」を流す予定だと投稿している。最先端ロケットと、次世代の電気自動車の両方の開発を率いるマスクだからこそ実現できるアイデアだ。

 今回のデモミッションが成功すれば、年内にあと2回の打ち上げを行うという。SpaceXは、2人の民間人を乗せたクルー・ドラゴンを月の周回軌道へ送り込むミッションを2018年内に行う予定だと昨年2月に発表していたが、その後詳細は明らかになっていない。