ディズニーのフォックス買収でストリーミング業界は激変する

 

 ウォルト・ディズニーは21世紀フォックスの買収で、大量のコンテンツを入手する。誕生するのは『スター・ウォーズ』に『X-MEN』シリーズ、『ダイ・ハード』『エイリアン』まで保有する、巨大なコンテンツ帝国である。ディズニーが独自のストリーミングサーヴィスを立ち上げれば、ストリーミングの世界が一変することは確実だ。

『デッドプール』がディズニーのものになる。IMAGE COURTESY OF FOX

数年前とは言わないまでも、数週間前から噂が飛び交っていたことが、ついに現実になろうとしている。ウォルト・ディズニーは12月14日(米国時間)、ついに21世紀フォックスのほぼすべてを買収すると発表した。

524億ドル(約6兆円)にものぼるこの買収は、メディア史上最大級の規模となる。そして『シンプソンズ』から『X-MEN』、『ファンタスティック・フォー』、『デッドプール』まで多種多様なコンテンツを所有する企業が、ピクサーや『スター・ウォーズ』、マーベルの大部分のコンテンツを所有する企業の傘下に入ることを意味する。さらにこの買収によって、エンターテインメント、なかでもストリーミングの風景が塗り替えられることになるだろう。

現状では、ディズニーとフォックスが管理するコンテンツ資産は、AmazonからNetflix、Huluまで、さまざまなサーヴィスに分散して展開している。ディズニーはABCも傘下に収めているため、すでにHuluの権利の多くを保有していたうえに、フォックスはHulu株の30パーセントをもっている。つまり、買収後のディズニーは、Huluの大部分を所有することになる。

ただし、すぐに変化が起きる可能性は低い。既存の契約が終了するまで待たなければならず、数年にわたる契約もあるからだ。保守的・共和党寄りのニュース局「FOXニュース」のファンには申し訳ないが、今回の買収がその放送網に影響を及ぼすことはないだろう(ついでに思い出してほしいのは、コンテンツを制作する会社がそのコンテンツを放送するとは限らないということだ。例えば、フォックスがNBCのために番組をつくることもある)。

ディズニー独自のストリーミングが無敵になる?

ただし、ディズニーは19年にストリーミングサーヴィスを立ち上げる計画だ。名前はまだ決まっていないが、マーベルとスター・ウォーズの映画は新シリーズを含め、そこで配信する予定だと発表している。これだけでも、ディズニーのストリーミングサーヴィスは比類のない力をもつが、ここにフォックスのコンテンツが加われば無敵に見える。

考えてみてほしい。もしディズニーが保有財産のすべてを配信したら、異常なほど大量のコンテンツになる。すでに膨大に存在する映画とテレビドラマに、フォックスの映画とテレビドラマが加わるのだ。しかもディズニーは、「Netflixより大幅に安い」月額料金でストリーミングサーヴィスを提供する予定だと公言している。

どのような巨大勢力がつくられようとしているかをもっと理解できるよう、ディズニーがフォックスから得るものを挙げてみたいと思う。『デッドプール』、『ウルヴァリン』を含むX-MENシリーズ、『アバター』、『猿の惑星』『エイリアン』『ダイ・ハード』などの大作シリーズ。『アイス・エイジ』『アルビンとチップマンクス』といった家族向けのシリーズもある。

それだけではない。『National Geographic Channel』の全番組に加え、『モダン・ファミリー』から『アメリカン・ホラー・ストーリー』、『フィラデルフィアは今日も晴れ』まで、おびただしい数のテレビ番組が名を連ねる。

ストリーミングの「断片化」に拍車

このことは、ストリーミングサーヴィス各社にとっては肯定的とは言えない。彼らはコンテンツを充実させるためにディズニーとフォックスに依存しているが、それが使えなくなるわけだ。

Netflix、Amazon、Huluなどは、このような問題への対策も兼ねて、近年はオリジナルのコンテンツを強化しているが、大手スタジオのヒット作を失うことになれば、さらにオリジナルコンテンツを強化せざるを得なくなる。Netflixは『リリハマー』という武器だけではケーブルテレビに追いつくことはできていない。

おそらく何より重要なのは、これがストリーミングサーヴィスの断片化(フラグメンテーション)を示唆しているということだろう。つまり将来、ワンストップショップのようなものはなくなるということだ。

フロスト&サリバンでストリーミングメディアの分析を行っているダン・レイバーンは、「コンテンツ所有者はいま、消費者に直接コンテンツを届けることが可能であり、アグリゲーターは不要だということに気づき始めています」と指摘する。「NetflixやAmazonと競合関係になるかといえば、いずれそうなるときが来るでしょう」

この指摘は一理ある。近年、多くのメディア企業が消費者に直接コンテンツを届けている。『Showtime Anytime』や『CBS All Access』がその好例だ。このような状況は、NetflixやAmazonに対して、オリジナルコンテンツを維持・拡大しなければならないというプレッシャーを与えているはずだ。

細分化の進む先にあるもの

ただしレイバーンは、ディズニーを含む消費者への直接配信が、既存サーヴィスと肩を並べるようになるまでには時間がかかるだろうと言い添えた。また、たとえディズニーとフォックスの映画やテレビ番組を1カ所で配信するサーヴィスが始まったとしても、やはり急速に細分化し、消費者にとってはますます面倒なものになりつつある市場のひとつの断片と化すだけかもしれないとも、レイバーンは警告した。

「私たちは選択肢が与えられることを望んでいますが、とても細分化していることも事実です」とレイバーンは話す。「これは明らかなマイナス面です。すべてが集約されているアグリゲーターは存在せず、今後も現れないというのが現実でしょう」

おそらく、その通りだろう。現在、すべてのストリーミング大手が十分な資金をもっており、ユーザーとの結びつきも強い。新たなサーヴィスが登場して強力なコンテンツを提供し始めたとしても、視聴者が既存のサーヴィスを見限る可能性は低い。

それでも、今回の買収がストリーミング業界に大きな変化をもたらそうとしていることは確かだ。いまはまだNetflixとAmazonの世界だが、そこにはミッキーマウスが入り込もうとしている。