糖質をとると、がんの原因に? 話題を呼んだ研究の「本当の中身」

 

 「糖はがんの栄養源」という研究成果がニュースで話題になり、「糖質制限は体によい」と考える人たちを勢いづかせた。だが、実験室で微生物を使って行った実験の結果が人間にも適用できるのかといえば、必ずしもそうではないらしい。ニュースの真相に迫った。

しばらく前、食生活に潜む危険について新たに警鐘を鳴らすニュースが世界を駆けめぐり、いたるところで食べかけのドーナツがゴミ箱に捨てられる事態が発生した。ニュースの見出しには、「糖はがんの好物:最新研究で判明」といった言葉が躍っていた。

問題となった論文は、『Nature Communications』に2017年10月13日付で掲載されたものだ。「今回わかった糖とがんの関係は、広範囲に影響を与えるでしょう」と、共著者のひとりであるベルギーの生物学者、ヨハン・ティーヴリンはプレスリリースで述べている。確かに影響は広範だった。反・炭水化物派の闘士たちは、すぐにTwitter上で糖類撲滅の気勢をあげたのだ。

だが、ちょっと待ってほしい。今回の発見は、糖の摂取(あるいは糖の摂取を断つこと)が、がんの発症や成長に影響を及ぼすことを証明するものではない。この研究の対象は酵母であり、その結果は以下の通りだ。

論文の著者が、のちにトーンダウン

まず、酵母をブドウ糖過多の条件におくと、腫瘍内によく見られるある種のたんぱく質が過剰生産される。このたんぱく質は、腫瘍細胞の成長と分裂を促進する。したがって、高血糖は既存の腫瘍を悪化させるおそれがある--というものだ。

確かに興味深い研究だが、特定の食生活を医学的見地から推奨するものではまったくない。論文掲載の翌週には、ティーヴリンもメディアに向けて、主張をトーンダウンさせた。「糖ががんを発生させるメカニズムをわたしたちが発見したと一部の人は解釈していますが、それは明らかに誤りです」

実験室で培養された菌による結果を、ヒトに安直にあてはめたがる傾向は、栄養学の分野で特に顕著だ。食生活の研究が一般受けするのは、シンプルな答えを授けてくれるからである。

「脂肪や炭水化物をカットしなさい、2日ほど断食しなさい、ネアンデルタール人が食べていたものだけを食べなさい」。混乱を極める世界のなか、こうした言葉は節制の効果をうたう。

だが、ティーヴリンは臨床医ではないし、今回の研究は食生活に関するアドヴァイスのために行われたわけでもない。彼らは分子生物学者で、ワールブルク効果と呼ばれる現象のメカニズムを解明しようとしていたのだ。

鍵を握るのは、がん細胞の「発酵作用」

がん細胞は通常の細胞と異なり、食料がないときに資源を節約するための内的フィードバックループをもたない。いわばクッキーモンスターである。周囲の血中にブドウ糖があれば、がん細胞は貪欲にそれらを食べ尽くす。

しかも、ブドウ糖をより小さな単位に分解する際、健康な細胞はふつう呼吸作用を利用するのに対し、がん細胞は発酵作用を利用する。こうして急速にエネルギーを獲得することで、がん細胞は増殖し、がんがあっというまに大きくなるのだ。

発酵ががんの原因なのか、それとも症状なのかについては、いまだに議論が続いている。それを解明しようと、ティーヴリンは9年ほど前から、出芽酵母(学名:Saccaromyces cerevisiae)の変異株でいっぱいの培養皿や試験管をのぞき込んできたのだ。

彼らの発見によれば、ブドウ糖がある決まった濃度のときに活性化するRasと呼ばれる遺伝子があり、この遺伝子は酵母細胞でも哺乳類細胞でも、細胞成長の制御に主要な役割を担っている。Ras遺伝子の活性化により、発酵が過剰促進されたがん細胞は、周囲のブドウ糖を食べ尽くし、異常な速度で成長するのだ。

今回の発見から、糖は(ペトリ皿の中では)がんの成長を加速させることが示唆される。だがそれは、「糖を摂取するとがんになる」という主張とは、まったく別物だ。

「実験室での代謝経路の研究から、食生活の話はできません」と指摘するのは、カリフォルニア大学サンディエゴ校のムーアがんセンターで健康食プログラムの責任者を務めるクリスティーン・ズーマスだ。「こうした経路をどう食生活に応用できるかを解明する研究手法がまだないのです」

健康な体に本当に必要なもの

もし体内から糖を一掃するつもりなら、ドーナツやアイスクリームを断つだけでなく、すべての果物や野菜、それに全粒か精白かを問わず、すべての穀物も食べてはいけない。つまり、残るは肉と脂肪のみの「ケトン生成食[日本語版記事]」だ。「これは長期的食生活には向きません」と、ズーマスは言う。

またズーマスによれば、がん細胞はエネルギー源として糖を好むとはいえ、脂肪とたんぱく質だけの環境でも問題なく生存できることが、研究からわかっている。それに、がん細胞を飢えさせたとしても、同時に体内の健康な細胞も栄養源を奪われる。これは化学療法を受け、命がけで病気と闘っているときには、一番やってはいけないことだ。「何でもいいからカロリーを摂るべきです」と、ズーマスは言う。

ズーマスはがん患者やがんの高リスク者に対して、何を食べるべきかのアドヴァイスを提供している。彼らはいつでも、自分の食べるものが病気を悪化させるのではないかと不安に思っており、糖はその筆頭である。

それぞれの人に合わせたアドヴァイスをズーマスは提供しているが、一般的には多くの科学的知見に基づいたものだ。植物性の食べ物を中心とした高たんぱく低脂肪、そして炭水化物を主体とした食生活を送り、健康体重を維持すること。それが、がんのリスクを下げる最良の方法だとズーマス考えている。たまにはドーナツを食べてもよさそうだ。