その姿が映るやいなや…米ネット民が早くも熱狂 スター・ウォーズの新キャラ「ボーグ」

 

 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する新キャラクター「ポーグ」の姿が最新のトレーラーに登場するやいなや、全米のネットユーザーが熱狂の渦を巻き起こした。なぜそこまで人々はポーグに魅せられるのか。

R2-D2、イウォーク、そしてBB-8--。映画『スター・ウォーズ』シリーズに新作が加わるたびに、新しいクリーチャーやドロイドが登場する。それらは観客を夢中にし、やがて弁当箱やパジャマなどになっていくのだ。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(日本とアメリカでの公開は2017年12月15日)も例外ではない。しかも今回の最新のクリーチャーに対するファンの熱狂は、映画が公開される前からすでに最高潮になっている。

それが始まったのは10月9日(米国時間)の夜、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の最新トレーラーが公開されてすぐのことだ。その熱狂とは、「ポーグ熱」である。この小さなクリーチャー「ポーグ」は、レイとルークが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の終わりで出会った土地に生息している、まるで見た目がファービーのような種族だ。

■練りに練られたマーケティング戦略

ポーグは最新のトレーラーにはたったの1秒しか登場しないが、ミレニアム・ファルコンのコックピットからの鳴き声は人々をとりこにした。すぐにツイートやミーム(拡散)、ファンアートの数々が現れた。この巨大な皿のような目と、必死にパタパタ動かしている羽根から逃れることはできない。

この反応は計画的なものだ。『フォースの覚醒』のときにルーカスフィルムがBB-8でやったのと同じように、このスタジオはポーグをここ数カ月かけて「最新の可愛いやつ」として売り込んできた。それが始まったのは、ディズニーのファン向けイヴェント「D23 Expo」の舞台裏の映像に、製作中だった小さな生き物が姿を現したときだ。

続いて公式サイトに、「われわれが知っているのはひとつの真実だ:われわれはポーグが大好きだ」と書かれた記事が掲載された。そこではルーカスフィルムのパブロ・ヒダルゴが、この生物がいかに可愛いかを力説した。

「ポーグはアク=トゥー原産の生物なのです」と、彼は説明する。「これはスターウォーズ版のパフィン(ニシツノメドリ)のようなもので、巣をつくったり飛んだりします。子どものポーグはポーグレットと呼ばれます。誰もがあの深く、感情のこもった目に吸い込まれていくでしょう。きっと多くの人がポーグをペットとして欲しがると思います」

■ネット上に広がった「ポーグ熱」

そしてルーカスフィルムが近日発売予定のポーグの玩具を発表すると、その熱狂がネット上に広がっていった。Tumblrはファンアートでいっぱいになったのだ。

そして監督のライアン・ジョンソンは、ポーグの群れが(カラスの群れと同じように)「とてつもなく凶暴(a murder)」であるとツイートした。このときまでに人々はポーグに夢中になっていたので、監督がこの小さい生き物のハッシュタグより先に自分の名前のハッシュタグをつくってしまったことに対して、いらだちとともに突っ込みを入れたりもしていた。