「史上最高のポルシェ」を丸ごと改造、究極のアップグレードを施すとこうなる--お値段、わずか52万ドル

 

 カリフォルニア州のカスタムカーショップが、「ポルシェ993」をリメイクした「400R」を発表した。生産数は25台限定。価格はベース車両のもち込みプラス52万5,000ドル以上。決して手ごろとはいえない金額だが、すぐに売り切れてしまう可能性はおおいにありえる。

 

 
     
  •  
     

    1/6PHOTOGRAPH COURTESY OF GUNTHERWERKS  

  •  
     

    2/6PHOTOGRAPH COURTESY OF GUNTHERWERKS  

  •  
     

    3/6PHOTOGRAPH COURTESY OF GUNTHERWERKS  

  •  
     

    4/6PHOTOGRAPH COURTESY OF GUNTHERWERKS  

  •  
     

    5/6PHOTOGRAPH COURTESY OF GUNTHERWERKS  

  •  
     

    6/6PHOTOGRAPH COURTESY OF GUNTHERWERKS 

1980年代の初頭、ヴァチカン宮殿にあるシスティーナ礼拝堂に絵筆を手にした職人たちが足を踏み入れたとき、傍観者たちは気を揉まずにはいられなかった。ミケランジェロによるフレスコ画の色彩と力強さを復元する作業はどうしても必要だったし、作業は綿密に計画されていたものの、世界最高の文化遺産のひとつを損ないはしないかと懸念されたからだ。

ポルシェの「993」について知る人なら誰でも、この卓越したスポーツカーをミケランジェロによる絵画と同じく「人々に愛される芸術作品」のひとつに含めることに同意するだろう。993とは、由緒ある「ポルシェ911[日本語版記事]」の第4世代の型式名だ。

1993年から98年まで製造されたこのモデルは、歴代の911のなかでも、おそらく最も多くのファンたちに愛されてきた。911の古典的なボディシェイプのみならず、奇跡のようなエンジンと抜群のハンドリングを継承。かつて『ロード&トラック』誌が993を「本当に特別な存在」と呼んだのも、理由のないことではない。

さらにこのクルマは、911シリーズとして空冷エンジンを搭載した最後のモデルになったことから、熱狂的なポルシェファンの間では垂涎の的とされている。つまり993とは、軽い気持ちで改造を加えてオリジナルを台無しにすべきではないモデルなのだ。

だが、カリフォルニア州のカスタムカーショップ「Guntherwerks(ギュンターヴェルクス)」のオーナーであるピーター・ナムは、それを知りながら思いとどまろうとはしなかった。同社が先日公開した「400R」は、993をよりパワフルで、モダンで、より多くの羨望を集めるクルマにすべく、レストアとアップグレードを施したものだ。「簡単に言えば、このクルマはシャシーまですっかりつくり直されています」と、ナムは話す。

ナムは、パフォーマンスカー向けのボディキットやホイールのメーカー「Vorsteiner(フォルシュタイナー)」のCEOを務める傍ら、この993のリメイクを専門に行うGuntherwerksを設立した。かつてシュツットガルト(ポルシェ本社の所在地)は、もはやレースカー同然のクレイジーな「993 GT2」を少数のみ生産していたが、その現在の取引価格はバカバカしいまでに高騰している。ナムが望んだのは、当時およそ7万台生産された993の一部に、このGT2と同様の輝きをもたせることだった。

「911の頂点とも言うべき最後の空冷ポルシェを、もしもファクトリーでGT3 RSをつくっていたらこうなっただろうと想像されるものにつくり変えるのは素晴らしいことではないでしょうか」と、ナムは言う。

細部まで誠実にアップグレードされた「400R」

400Rは「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス[日本語版記事]」を中心とする、超ハイブロウな自動車イヴェントウィークのさなかに発表された。その出来映えを見る限り、ナムは復元の絵筆とパレットを極めて巧みに使いこなしたようだ。このクルマは、993のルックスとスタンスを見事に維持しながら、ほぼあらゆる部分がアップグレードされている。

その最大の変更点は、リアアクスル(後輪車軸)の後方にある。オリジナルの3.6リッターで水平対向6気筒のエンジンの代わりに、このプロジェクト専用につくられた4.0リッターエンジンが搭載されたことだ。400馬力以上の出力と333ポンド・フィートのトルクを生み、レッドゾーンは7,800rpmから、そして言うまでもなく空冷式だ。

ナムは、エンジン以外にもほとんどあらゆるものを交換している。400Rに使われたカーボンファイバー製のボディワークは、Guntherwerksの内製品だ。LEDヘッドライトが収まるハウジングは、3Dプリンティングでつくられており、その材質はカーボンファイバー、プラスティック、あるいは手作業のヘアライン加工が施されたアルミニウムのなかから選択できる。

リアスポイラーは新設計で、Bluetooth接続、衛星ラジオレシーヴァー、オーディオシステムも新調された。当然のことながら、サスペンションパーツやブレーキ、ホイールも400Rの専用品となっている。

こうしたリメイクを請け負うショップは、Guntherwerksだけではない。ロサンゼルスにあるシンガー・ヴィークル・デザインは、「964」と呼ばれる第3世代のポルシェ911のアップグレードを専門としている。オリジナルにあまりこだわらないのであれば、マグナス・ウォーカーのショップに自分のポルシェをもち込んで、そのワイルドなセンスにクルマを委ねてみるのもいいだろう。

だが、ナムの場合はあらゆるディテールに焦点を合わせ、そのデザインを際立たせることに全力を傾けているようだ。例えば、キーのように本当に小さな部分も見逃さない。「黒いプラスティックで覆われたポルシェ純正のキーは使いたくありませんでした」と、ナムは言う。

その代わりにオーナーが受け取るのは、好みのカラーに着色したアルミニウム製のキーだ。黒いフェルトで内張りされたウォルナット材の箱に、カスタムメイドの万年筆と一緒に収めて手渡される。

もちろん、この素晴らしいリマスタードヴァージョンを手にするには、それなりの代価が必要だ。まず手始めに、リメイクのベースとなる993を探して、ナムとその仲間たちのもとに届けねばならない。マニアックなクルマの売買を仲介するヘミングスのリストには、数台の993が5万ドル前後の価格で掲載されている。

それに加えて、改造費として少なくとも52万5,000ドルを支払わなければならない。納期はおよそ4~5カ月。決して手頃とは言えない金額だが、迷っている時間はないかもしれない。

Guntherwerksによる400Rの製作予定は、わずか25台。このクルマがハイウェイの巡航速度に達するよりも早く、あっという間に売り切れてしまう可能性は十分にあるからだ。