F1にインスパイアされたメルセデス初のハイパーカー、その恐るべき性能 価格は3億円超も…すべて売約済み

 

 メルセデスAMGが、F1にインスパイアされたハイパーカー「プロジェクト・ワン」のショーモデルを公開した。価格は日本円で3億円超だが、生産予定の275台はすべて売約済み。その恐るべき性能を紹介しよう。

PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG

レースのテクノロジーを応用して市販車をつくる時代は、いまや終わったと考えられている。その考えは概ね正しい。そんな時代のさなか、ダイムラー傘下のスポーツ・レース系ブランドであるメルセデスAMGが、待望の「プロジェクト・ワン」を公開した。

2017年9月中旬に開催されたフランクフルトモーターショーで公開された、この280万ドル(約3億1,500万円)のハイパーカー。モータースポーツの技術的頂点であるF1を制覇するために、メルセデス・ベンツが開発してきたさまざまなテクノロジーが詰め込まれている。そしてメルセデスにとっては、初のハイパーカーでもある。

このクルマによって同社は、リッチなドライヴァーたちに宇宙飛行士の訓練を受けているような感覚(つまり、強烈な加速G)を与えるやり方に、ライヴァルとはまた違うやり方があることを示した。

PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG

同じくらい高価なブガッティ・シロンが、8リッターのW型16気筒エンジンから1,500馬力を引き出すのに対し(容量約98リットルの燃料タンクを、およそ8分で空にできる!)、プロジェクト・ワンが搭載するのは、ちっぽけな1.6リッターV型6気筒エンジンと4つの電気モーターだけだ。それでいて、最高速度は時速217マイル(347km/h)。静止状態から時速60マイル(96km/h)まで、わずか2.6秒で加速する。

どうしてそんなことが可能なのか。それは、ここ数年のF1を圧倒的な強さで支配してきたメルセデスが、F1と同じテクノロジーを使ってプロジェクト・ワンをつくり上げたからだ。どんなクルマにもすんなり収まりそうな1.6リッターの小さなV6が約700馬力を生み出すのは、ターボ過給と11,000rpmに及ぶ最高回転数によるところが大きい。

この最高回転数は一般向け乗用車エンジンの約2倍にあたる(本物のF1カーでも実際に使われる回転数は12,000rpmほどで、最高回転数は規定により15,000rpmまで)。そのうえで、一般ユーザーが必要とするエンジンの寿命は確保されているという。

PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG

さらにメルセデスは、3つの電気モーター(左右の前輪に各1基。第3のモーターはエンジンと一体化されている)を搭載し、500馬力を上積みした。第4のモーターは、スウェードのドライヴィングシューズを履いてペダルを踏み込んだとき、その加速にわずかな時間差すら生じないように、ターボチャージャーを駆動している。

マニアの心をくすぐる特徴は、それだけにはとどまらない。プロジェクト・ワンのプラグインハイブリッドシステムは、トルクヴェクタリング機能を備えている。つまり、一般的な四輪駆動システムと比べて、それぞれの車輪に対してより緻密にトルクを配分し、曲率の小さいコーナーでも優れたハンドリングを生み出すのだ。足の爪先の動きだけで1,100馬力を引き出せることを考えると、これは素晴らしい機能に違いない。

おまけにこのハイブリッドシステムを使えば、たとえば深夜にガレージからそっと抜け出す必要があるときや、排気ガスが嫌われる市街地へ乗り入れるとき、最長で20マイル(32km)までは電気駆動だけで走らせることもできる。

F1顔負けのさまざまなディテール

もちろん、F1カーはクレヴァーなパワートレインだけで高性能を発揮しているわけではない。それはプロジェクト・ワンも同じだ。パフォーマンスの向上に役立っているほかのテクノロジーとしては、例えばグランプリレースで使われているものと似た構造をもつ、軽量で高強度のカーボンファイバー製ボディがある。

PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG

プッシュロッドを介してスプリングストラットを作動させるマルチリンク式サスペンションは、ハードなコーナリングでの車体のロールをしっかりと制御する。また、軽量なカーボンファイバー製ホイールとカーボンセラミックブレーキは、車重の軽減と路面追従性の向上に貢献している。

ただ、ひとつだけ我慢しなければならないものがある。それはメルセデスがほかの車種で推進している半自動運転の機能が一切搭載されないことだ。もしそれを残念に思うのなら、これはあなたが求めているロボットドライヴァーではないと言うしかない。

エクステリアデザインでは曲線が多用され、最近のメルセデスによく見られるエッジを効かせたスタイリングとは一線を画している。ドアは斜め前方へ向けて跳ね上がるタイプだ(ドアが普通に横に開くようではハイパーカーとは呼べない)。

数多く設けられたエアインテークとヴェント(通気口)は、車体のさまざまな部分へと空気を導くことで、エンジンやブレーキなど高温になるコンポーネントの冷却に役立っている。ルーフのエアインテークは、そのまま後方へ伸びて、黒いシャークフィンを形成する。これはF1カーの場合と同様、旋回中の方向安定性を高めるものだ。また、車体の前後に備えたアクティヴスポイラーの役割も、やはりターンが連続する場面でクルマの姿勢が不意に乱さないようにすることにある。

プロジェクト・ワンは、インテリアも明らかにF1のイメージを追っているが、しっかりとした助手席は装備される。ステアリングホイールには、本物のF1カーと同様に色とりどりのボタンとダイヤルがずらりと並ぶ。体をすっぽり包み込むような左右のシートは一体型のようで、中央の低い尾根状の部分でつながっている。

情報表示に高解像度の液晶ディスプレイを用いるのは、いまや当たり前になりつつある。このクルマの場合は10インチのディスプレイを2つ備えている。従来、天井からぶら下がっていた室内のリアヴューミラーも、このディスプレイとカメラを利用したシステムに置き換えられた。メルセデスによると、この珠玉の逸品はわずか275台しか生産されず、そのすべてがすでに売約済みだという。

生産開始は2019年となる。だが、購入のチャンスを逃したとしても、あまり気に病む必要はないだろう。実際のところ、この手のスーパーカーの真の価値は、実車の生産が始まるよりもずっと前から市場に出回るであろう大判のポスターが、どれだけ多くの寮の部屋に貼られるかによって測られるのだから。