岐阜県の納屋から「発掘」世界に1台しかないフェラーリ 埃にまみれた幻の1台が2億円で落札

 

 岐阜県の納屋の中から、世界に1台しかないフェラーリが「発掘」されたことが大きな話題を呼んだ。世界中から注目されたこのクルマは9月9日に開催されたオークションに出品され、約2億3,000万円で落札されたという。埃にまみれながらもどこか神々しい、幻の1台の姿をご紹介。

PHOTOGRAPH COURTESY OF RM SOTHEBY'S

2017年で創立70年を迎える高級自動車メーカー、フェラーリの歴史のなかでも名作と呼ばれるモデル「365GTB/4」。「デイトナ」という愛称でも知られるこのクルマは、いまでも強い人気を誇っていることで知られている。

デイトナのなかでも、とりわけ希少なのが、24時間耐久レース用につくられたアルミ合金製のモデル。製造数は、わずか5台である。そのうち公道でも走行可能なものは1台しかないとされているが、その1台が岐阜県にある納屋から見つかったことが大きな話題を呼んだ。

40年もの間納屋の中で眠っていたとされる幻のデイトナは、オークション会社のサザビーズがフェラーリの工場で2017年9月9日に開催した、同社史上最大規模のオークションに出品された。落札額は、なんと1,807,000ユーロ(約2億3,000万円)である。

PHOTOGRAPH COURTESY OF RM SOTHEBY'S
PHOTOGRAPH COURTESY OF RM SOTHEBY'S

サザビーズが公開している写真には、埃まみれの真っ赤なデイトナの姿が収められている。埃に覆われたシートやハンドルは、長期間このクルマが納屋の中で置き去りにされていたことを教えてくれる。

サザビースの調べによれば、このクルマは1975年5月に岐阜在住のオーナーが購入し、79年4月に名古屋のオーナーへ売却、さらにその1年後にまた別のオーナーの手に渡ったあと、40年近くも行方をくらましていたのだという。クルマの存在自体はコレクターに知られていたものの、誰もそれを手に入れることはできなかった。

見た目こそ埃まみれでボロボロのこのクルマだが、フェラーリのマーケティング担当者マルセル・マッシーニが確認したところ、間違いなく本物であることが判明した。写真だけ見ると使い物にならないように見えるが、ドアパネルやサンバイザー、シート、カーペット、ギアシフトノブなどのインテリアも、すべて良好な状態だったという。フェラーリのスカリエッティ工場で製造されていたことも確認されている。

PHOTOGRAPH COURTESY OF RM SOTHEBY'S
PHOTOGRAPH COURTESY OF RM SOTHEBY'S

岐阜の人々も、まさか2億円もの価値をもつクルマが納屋の中に眠っていたとは思いもしなかっただろう。2億円と引き換えに目を覚ましたこのクルマが、きちんと整備されてまた美しい姿を見せてくれる日はくるのだろうか。

PHOTOGRAPH COURTESY OF RM SOTHEBY'S
PHOTOGRAPH COURTESY OF RM SOTHEBY'S