宇宙からの「謎の電波信号」は、地球外生命体が由来か否か--発見から40年を経て手がかりが見つかる

 

 1977年に観測された宇宙からの謎の電波信号「Wow!シグナル」。その発信源が長らく謎に包まれていたことから、地球外知的生命体の存在を示すもの--との意見も根強くあった。ところが発見から40年を経て、その謎を解明する手がかりが見つかった。

地球外知的生命体探査(SETI)が有名になるきっかけとなった「Wow!シグナル」という電波信号をご存知だろうか? それはこの広大な宇宙のどこかで繁栄しているであろう、地球外知的生命体の存在を示唆する最も有力な手がかり--もとい、そう思いたくなるほど長い間、その起源が見つからなかった宇宙からの電波信号である。

電波望遠鏡を17年間も悩ませた「異常信号」の原因であった電子レンジ[日本語版記事]と同じように、天文学的な謎はいつか解き明かされるものだ。フロリダ州セント・ピーターズバーグ・カレッジの天文学者であるアントニオ・パリス教授の研究によると、「Wow!シグナル」の犯人は宇宙人--ではなく、太陽を周期的に周回する彗星かもしれないという。

1977年、謎の電波シグナルが観測された

1977年8月15日、かつて米オハイオ州にあったビッグイヤー電波望遠鏡で、地球外文明を捜索するために観測していたジェリー・エーマンは、いて座の方向から72秒にわたる非常に強い信号を受信した。これに驚いたエーマンは、プリントアウトされたデータの該当部分を赤く囲って「Wow!」と表記した。

それは小惑星や惑星からのものではなく、恒星やパルサー、そして地球由来のものでもない。しかも、いくら観測を重ねても同シグナルを検出できたのはただの一度きり。この謎をめぐり、これまで数々の天文学者たちが電波の起源究明に努めてきたが、残念なことにそのどれもが決定的な説明や証拠に欠けるものだった。

観測された「Wow!シグナル」の周波数は1,420MHz。それがSETIに採用されることの多い水素線と同じ周波数だったのは、はたして偶然だったのだろうか? 

犯人は「彗星」だった?

そこで今回、「Wow!シグナル」の謎解きに乗り出したのが、天文学者への転身以前に米国防総省の下でアナリストを務めていたというパリス教授である。『ガーディアン』によると、彼は軍に従事していたころの調査経験を生かし、40年前の事件現場を徹底的に調査。そこでおぼろげながら浮かび上がった“犯人像”は、これまで検討されることのなかった天体--すなわち、彗星だった。

パリス教授が2016年の論文で発表したのは、1977年7~8月に、いて座周辺の夜空を飾っていただろう2つの彗星、「266P/Christensen」と「335P/Gibbs」である。

太陽に近づいた彗星の表面は、その放射熱により蒸発して水素ガスを発生させる。論文によると、この水素の雲はときに彗星の核から半径数百万kmにも及ぶ。もし夜空を移動する彗星がビッグイヤー電波望遠鏡の前を通りがかった犯人だったとすると、同周波数の電波が後日、同じ領域から再検出されずにいた理由にもなる。「266P/Christensen」と「335P/Gibbs」はそれぞれ2006年と2008年に発見された薄暗い彗星であり、1977年当時はその存在を確認されていなかった。

結論は「もうひとつの彗星」を待ってから

パリス教授はこの説を検証するため、2016年11月から2017年2月までの間、地球を再訪問した2つの彗星のうちのひとつ、「266P/Christensen」へと電波望遠鏡を向けた。その回数、実に200回。そして彼は、見事に水素線1,420MHzを検出することに成功した。

さらに研究チームは、ほかの彗星でも1,420MHzのシグナルを検出できるか調査するため、「P/2013 EW90」「P/2016 J1-A」「237P/LINEAR」の3つの彗星を観測。その結果、すべての彗星で同シグナルを検出することができた。これら一連の実験内容は『Washington Academy of Science』にて発表されている。

しかし、40年前の「Wow!シグナル」が「266P/Christensen」か「335P/Gibbs」によるものかは、いまだ決定的ではなく、さらなる研究が必要だ。1977年当時、ビッグイヤー電波望遠鏡が向いていた方角から、彗星由来の1,420MHzが検出されるには、これら2つの彗星は遠すぎるという意見もある。現在わかっているのは、彗星から1,420MHzの信号が検出できる、ということのみだ。

いずれにしても、今回の観測結果は、当時観測された「Wow!シグナル」が地球外知的生命体に由来するものではない可能性が高いことを示している。もし真犯人が「266P/Christensen」や「335P/Gibbs」ではなかったとしても、水素をまとう太陽系内の天体だったことも考えられる。

パリス教授の彗星説とこの実験結果は、長らく「Wow!シグナル」に“未知との遭遇”への夢を見ていた人々には期待外れな結果である。今回の発表に対しても、すでに懐疑的な声が生まれており、2018年1月に観測可能となるもうひとつの彗星「335P/Gibbs」の観測結果が待ち望まれている。夜空を飾るほうき星のように、この議論も長く尾を引きそうだ。