産経WEST

写真詳細 - 産経WEST

産経WEST 産経WEST

【台湾の臨床仏教(上)】最難関の大学病院が緩和ケアの専門僧侶養成

更新 【台湾の臨床仏教(上)】最難関の大学病院が緩和ケアの専門僧侶養成

日本と台湾で養成される「仏教緩和ケア」の宗教者を比べてみた。死を目前に控えたがん患者を精神的に支える役割は、欧米ではキリスト教精神に基づくホスピス付きの聖職者が担ってきたが、日本と台湾はそこに仏教精神を取り入れようと試みている

ニュース写真

  • 台湾大付属病院の緩和ケア病棟で、膵臓がんの男性患者に語りかける大下大圓さん(左)。常駐する尼僧と主治医の黄威勝さん(右)らが見守った。日台では、医師や看護師に代わって患者の苦悩を和らげる聖職者のケアに、仏教精神を導入しようと模索している=2018年1月、台北市(小野木康雄撮影)
  • 緩和ケア病棟に僧侶が常駐する台湾大付属病院(旧館)の建物。死を目前にしたがん患者の苦悩を和らげる「臨床仏教宗教師」を養成する主体となっており、医師にも仏教への理解がある=2018年1月、台北市(小野木康雄撮影)