産経WEST

写真詳細 - 産経WEST

産経WEST 産経WEST

【自衛隊のいま(13)】熊本地震・風呂 各隊手作りのれん、被災者ら1万7千人〝温めた〟「野外入浴セット」…さすが国防!赤外線遮断の「偽装網」備え

ニュース写真

  • 自衛隊が設置した「野天風呂」に入る被災した子どもやお年寄り=石川県輪島市門前町
  • 雨の中、避難所に設営された自衛隊のお風呂から出てくる被災者たち =新潟県小千谷市
  • 阪神大震災でも設置された「自衛隊風呂」=兵庫県西宮市
  • 東日本で大雨被害。茨城県常総市の生涯学習センター近くに自衛隊が設置した風呂を待つ女性=茨城県常総市水海道天満町(海老原由紀撮影)
  • 新潟県中越地震。自衛隊が避難所に簡易の風呂を設置=新潟県小千谷市の総合体育館 (撮影・植村光貴)
  • 避難所の敷地に、自衛隊が設置した仮設の風呂「火の国の湯」。手前が女湯、奥が男湯=4月15日午後7時22分、熊本県益城町(安元雄太撮影)
  • 陸上自衛隊第6後方支援連隊(山形県東根市)が設置した仮設風呂「山形花笠の湯」の女湯を案内する女性隊員=熊本県阿蘇市(陸上自衛隊提供)
  • 「六甲の湯」テントの中で和やかな雰囲気の自衛隊員ら=熊本県大津町(彦野公太朗撮影)
  • 薄暮の中、明かりの灯る「六甲の湯」=熊本県大津町(彦野公太朗撮影)
  • 「六甲の湯」テントの中で和やかな雰囲気の自衛隊員ら=熊本県大津町(彦野公太朗撮影)
  • 「六甲の湯」。手前は貯水タンク。奧のテントに浴槽がある=熊本県大津町(彦野公太朗撮影)
  • 足を伸ばしてくつろげる「六甲の湯」の大きな浴槽=熊本県大津町(彦野公太朗撮影)