PR

産経WEST 産経WEST

酒気帯び運転疑い、自称県立高教諭を逮捕 兵庫

 兵庫県警灘署は4日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで自称兵庫県立篠山産業高校教諭の男(62)=同県丹波篠山市=を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は3日午後11時15分ごろ、神戸市灘区弓木町の県道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。

 同署によると、男は交差点で信号待ちをした後、誤って後進し後続車に衝突。目撃者が110番した。神戸市内の飲食店でビールを飲み帰宅する途中だったと供述しており、呼気からは基準値の倍以上のアルコールが検出された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ