PR

産経WEST 産経WEST

「奈良のシカ」死なせた疑い、三重の20代男逮捕

国の天然記念物に指定されている「奈良のシカ」=令和2年5月、奈良市
国の天然記念物に指定されている「奈良のシカ」=令和2年5月、奈良市

 奈良市の奈良公園で、国の天然記念物「奈良のシカ」に刃物をたたきつけ、死なせたとして奈良県警生活環境課などは2日、文化財保護法違反の疑いで、三重県松阪市のとび職、吉井勇人容疑者(23)を逮捕した。

 県警によると、吉井容疑者は「シカが車に体当たりしてきたため、腹が立ち、殺してやると思っておのでシカの頭を力いっぱい切りつけた」などと供述、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、2月6日夜から同7日未明にかけて、奈良公園内でシカ1頭(推定11歳の雌)に鋭利な刃物をたたきつけ、死なせたとしている。

 同日午前2時半ごろ、通行人の男性から「負傷して動けないシカがいる」と110番があり、防犯カメラなどの捜査から吉井容疑者の犯行が発覚した。

 「奈良の鹿愛護会」(奈良市)によると、奈良公園のシカの頭数は昨年7月時点で1286頭。平成?年にも奈良のシカにボーガンの矢を放って死なせたとして、同法違反容疑で逮捕者が出ている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ