PR

産経WEST 産経WEST

6府県で緊急事態宣言解除 大阪、日常と変わらぬ出勤風景

緊急事態宣言が解除され、マスク姿で通勤する人たち=1日午前8時19分、大阪市北区(前川純一郎撮影)
緊急事態宣言が解除され、マスク姿で通勤する人たち=1日午前8時19分、大阪市北区(前川純一郎撮影)

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が関西などの6府県で週明けの1日、解除された。感染再拡大への懸念がくすぶる中、テレワークや大人数での飲み会の抑制などの対策が継続できるかどうかが課題となる。大阪のオフィス街や繁華街では日常と変わらぬ風景が広がり、ビジネスマンらからは「東京と一緒に解除してもよかったのでは」「テレワークをもっと推奨してほしい」との声が上がった。

 1日朝、大阪・キタのJR大阪駅周辺では、マスク姿で行き交う多くの会社員らの姿が見られた。出張で来阪したという東京都豊島区の女性会社員(26)は「直接クライアントと会えないのは痛手だった。ようやく大阪に来ることができてうれしい」と笑顔。しかし「本当は大阪でおいしいものを食べたいが、出張で感染しては本末転倒。夜はホテルでおとなしく過ごしたい」と話した。

 奈良県から大阪・ミナミに通勤する女性会社員(42)は「宣言期間中も電車を利用する人は多かった」と振り返り、「もう少し様子をみて、東京などと足並みをそろえて解除してもよかったのでは」と話した。

 この日は令和4年に卒業する大学生らの新卒採用の会社説明会が解禁となり、リクルートスーツ姿の若者も目立った。企業の合同説明会に向かうという大阪市福島区の男子大学生(21)は「直接企業の人と話す機会が少ないのはとても不安だが、自分の人生を決める大切な時期なので頑張りたい」と力を込めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ