PR

産経WEST 産経WEST

新型コロナ 休校要請から1年 教室一変、学びは止めない

その他の写真を見る(1/4枚)

<グラフィックを拡大>

 新型コロナウイルス対策の全国一斉の臨時休校要請から27日で1年。当初は3月2日から春休みに入るまでとされたが、4月に全国に緊急事態宣言が発令されるなどして期間が延長され、多くの学校は6月まで再開を待つこととなった。

 再開後の学校生活は、集団感染を防ぐために一変した。合唱などリスクの高い学習や部活動は制限され、始業式などでの校歌斉唱もなし。常にマスクを着用し、こまめに手を洗い、給食は同じ方向を向いたまま黙って食べるなど、新たなルールも課せられた。休校による学習の遅れを取り戻すために夏休みや冬休みは短縮され、7時間授業や土曜授業も行われた。

 第2波、第3波の感染拡大とともに、児童生徒の感染者も増加。だが数は大人と比べて圧倒的に少なく、再び全国一斉の休校が要請されることはなかった。多くの学校では学びを止めないため、陽性者が出ても全校休校にはせず、濃厚接触者の特定や消毒の期間のみ学級や学年単位での休校にとどめる対応を取った。

 子供たちの学年が再び変わろうとする今も、収束は見通せないままだ。「いつまで続くのか」。現場からは不安の声がもれる。

部活動、行事の制限

 子供たちが楽しみにしていた学校行事や部活動は大きく様変わりした。

 3月の一斉休校は卒業式の時期と重なり、文部科学省は必要最小限の人数での開催を求めた。多くの学校が在校生や来賓の参加を見合わせて式を行ったが、感染予防が困難だとして断念した例もあった。

その他の写真を見る(2/4枚)

 また、修学旅行の中止も相次いだ。文科省は子供たちのために中止ではなく延期にするよう検討を呼びかけ、感染者数が減ったタイミングを見て実施した学校もあったが、近郊への日帰り旅行に切り替える対応も目立った。大阪府内のある公立小は修学旅行を中止にする一方で、「コロナのせいで何もできなかったと思わせたくない」(校長)と社会見学の回数を増やして思い出作りに苦心した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ