PR

産経WEST 産経WEST

【ワクチンここが知りたい】副反応は怖くない?

 《心配だ》《なぜ起きるのか》。新型コロナウイルスのワクチン接種に伴う副反応に、読者が強い関心を持っている。先行接種が始まった医療関係者の間でも、一部で発熱などの軽い副反応が出ているが、専門家はどう見るのか。

 発熱や倦怠(けんたい)感、頭痛、関節痛、じんましん-。厚生労働省によると、ワクチン接種では主にこうした副反応が起きるという。

 「年齢や持病の有無によって差はあるが、副反応は想定内のものといえる」。倭(やまと)正也・りんくう総合医療センター感染症センター長が指摘する。

 倭氏によると、体内に異物であるワクチンが投与されれば、免疫反応を誘導する効果とともに副反応が表れる。「副反応は体が頑張って免疫を作ろうとしている証拠。大体は心配はいらない」といい、こうした症状は1~2日程度で治まる。

 一方、米国では20万回に1回の確率で重いアレルギー反応「アナフィラキシー」が起きると報告されている。一般的にワクチンには、安定化を促す添加物が含まれており、これがアレルギー反応を起こす原因の一つと考えられている。ただ症状が重くなる確率は低いとされ、発症したとしても適切な処置を受ければ問題はないという。

 倭氏は「現状ではワクチンを打つメリットは大きい」としながらも、「過去にワクチンや服薬でアレルギー反応が出た人は、かかりつけ医と相談し、接種を慎重に決めてほしい」と述べた。

 産経新聞は新型コロナウイルスのワクチン接種に関する疑問・質問を募集します。ikencorona@sankei.co.jpまでお寄せください。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ