PR

産経WEST 産経WEST

知人女性を無断で堕胎、元外科医の男に懲役2年 岡山地裁

 妊娠していた20代の知人女性に無断で堕胎手術を行い、けがをさせたとして、不同意堕胎致傷の罪に問われた岡山済生会総合病院の元外科医、藤田俊彦被告(34)に岡山地裁(御山真理子裁判長)は24日、懲役2年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 判決理由で御山裁判長は、被告は当時、別に婚約者がいたが、交際相手だった女性から妊娠を告げられ、堕胎する目的で女性を勤務先の病院に呼び出したと指摘。「婚約者との関係や職場での立場のために犯行に及んでおり、悪質かつ違法性が高い」とした。

 被告が投与した鎮静剤は安全な量で、反省の手紙を出し、800万円で女性側と示談も成立したが「女性側は厳罰を望んでおり、尊い生命が奪われたことは回復不能で刑事責任は重い」と量刑理由を述べた。被告側は起訴内容を認め反省し、示談が成立しているとして執行猶予付き判決を求めていた。

 判決によると、被告は昨年5月17日、勤務先の病院で、当時妊娠約2カ月だった女性に鎮静剤や麻酔薬を使い、意識を失わせ、本人の同意なしに胎児を堕胎させた。女性は急性薬物中毒や全治約9日間の傷を負った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ