PR

産経WEST 産経WEST

淡路医療センターに寄付 兵庫・淡路三原高3年

兵庫県立淡路医療センターの小山隆司院長に寄付金を手渡す淡路三原高3年の木場彩水さん(左)と中野愛望さん=同県洲本市
兵庫県立淡路医療センターの小山隆司院長に寄付金を手渡す淡路三原高3年の木場彩水さん(左)と中野愛望さん=同県洲本市

 兵庫県立淡路三原高校(南あわじ市)の3年5組の女子生徒2人が19日、洲本市の県立淡路医療センターを訪れ、クラス行事用に生徒37人から集めた1万円を寄付した。理系クラスのため医療系の大学などに進学する生徒が多いといい、「新型コロナウイルス感染症と闘う医療従事者のために、少しでもお役に立てれば」と寄付を申し出たという。

 この日、クラスを代表して木場彩水(あやな)さん(18)と中野愛望(あみ)さん(18)、担任の荒井美智子教諭の3人が院長室で小山隆司院長と面会。木場さんらが「みんなで集めたお金です。医療のために使ってください」と手渡した。

 感染症指定医療機関の同センターではコロナ患者の治療を続けており、小山院長は「心づかいがうれしい。先が見えず、疲れ切っているが、若い人が医療現場に関心を持ってくれることに私たちも勇気づけられる」と目を細めた。寄付金は医療用マスクなどの購入に充てるという。

 3年5組では体育祭や文化祭などでのクラス行事のために資金を集めたが、コロナ禍で規模が縮小。1月に余った1万円の使い道をクラスで話し合い、同センターへの寄付を決めた。

 木場さんと中野さんは看護師を目指し、関西看護医療大学(淡路市)への進学が決まっている。昨年母親をがんで亡くした木場さんは「お世話になった看護師のようになりたい」と話し、中野さんは「兄が心臓の病気を見つけてもらった経験から看護師を志した」と語った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ