PR

産経WEST 産経WEST

コロナ退院患者、老健で受け入れ促進 大阪

 新型コロナウイルスの病床確保につなげようと、公益社団法人「大阪介護老人保健施設協会」は17日、他者への感染の恐れがなくなって退院基準を満たした入院患者について、加盟施設での受け入れを促進する方針を決定した。

 同協会によると、施設に入居する高齢者の感染が判明してもすぐに入院先が見つからず、施設内で感染が拡大する事例が頻発している。一方、病院では退院基準を満たしても帰宅できない高齢者がいることで、新規の患者を受け入れる病床が確保しにくい事情があるとして、退院患者を加盟施設で積極的に受け入れることにした。

 決定に先立って同協会が今月、加盟施設を対象に行った調査では、65施設が退院患者を受け入れることができると回答し、受け入れ可能人数は計150人超だったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ