PR

産経WEST 産経WEST

薬師寺東塔、解体修理完了し竣工式

関係者らが出席して行われた薬師寺東塔の竣工式=15日午前、奈良市(恵守乾撮影)
関係者らが出席して行われた薬師寺東塔の竣工式=15日午前、奈良市(恵守乾撮影)

 世界遺産・薬師寺(奈良市)で、約1世紀ぶりの解体修理が完了した国宝・東塔の竣工(しゅんこう)式が15日、行われた。美しい姿がよみがえった東塔基壇上で法要が営まれ、僧侶らが読経。工事の無事完了を祝った。

 昨年春に予定されていた落慶法要は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されたままだが、3月1日から1階部分の「初層」が特別開扉される。

 東塔は薬師寺で唯一残る古代の建造物。高さ約34メートルの三重塔で、裳階(飾り屋根)が付き、大小の屋根が律動的に並ぶ姿は6重のようにも見え、「凍れる音楽」ともたたえられている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ