PR

産経WEST 産経WEST

ダム湖で10歳女児死亡、心中図ったか 誘拐容疑で父親逮捕

女児が浮いているのが見つかったダム湖=13日午後、奈良県川上村
女児が浮いているのが見つかったダム湖=13日午後、奈良県川上村

 小学4年の長女(10)を殺害する目的で学校から連れ出したとして、奈良県警吉野署などは13日、生命身体加害誘拐容疑で、父親で調理師の徳谷和彦容疑者(36)=同県宇陀市大宇陀=を逮捕した。長女は同日朝、同県川上村のダム湖の岸辺で心肺停止状態で浮いているのが見つかり、死亡が確認された。目立った外傷はなかった。

 同署によると、徳谷容疑者は父親の経営する飲食店で働いており、「父親と口論になり、死ぬことを考えた。妻の負担となっている障害のある長女と一緒に死のうと決意し、抱きかかえて湖に入った。おぼれそうになったので、自分だけ(ダム湖から)あがった」などと供述しているという。長女には知的障害があり、足が不自由だったという。

 逮捕容疑は12日午後2時50分ごろ、同県明日香村の学校を訪れ、教員に「おばあちゃんたちに会わせるため、(長女を)迎えにきた」とうそを言い、軽乗用車に乗せて誘拐したとしている。

 徳谷容疑者は13日未明、ダム湖近くの駐車場でずぶぬれの状態で車の中にいるのを発見された。母親が12日夕、交番に相談、学校の教員らが捜索していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ