PR

産経WEST 産経WEST

国内初の院内感染1年 和歌山・有田病院 知事「やりすぎが奏功」

 国内初の新型コロナウイルスの院内感染が和歌山県湯浅町の済生会有田病院で発生してから13日で1年を迎える。当時想定されていた感染力を上回る新型コロナの脅威にさらされるなか、県は国の対象を超える範囲で検査を実施するなど異例の対応で感染を封じ込め、「基本対策の徹底で院内感染は防げる」という教訓を得た。仁坂吉伸知事は「やり過ぎをあえてやったのがよかった」と振り返る。(前川康二)

 国内初の院内感染について、県のコロナ対策を統括する野尻孝子・県福祉保健部技監は「まさに衝撃的な始まり」と表現する。県の事後調査で判明した院内感染の広がりは以下の通りとなる。

医師ら計11人

 昨年2月13日、この病院の50代の男性医師の感染が判明した。調査の結果、昨年1月28日に同病院1階の外来を受診した60代の男性患者を診察していたことが分かった。この医師からは同僚医師とその家族にも感染した。

 1月28日に受診した患者からは別ルートで感染が広がったとみられている。同じ日に受診した70代の男性も2月14日に感染が判明。その後の調査でトイレのドアノブなどを通じた感染の可能性が指摘された。この男性は肺炎の症状が悪化し、その後死亡したが、この男性と同じ病室の60代の男性患者も感染し、さらに1月28日に外来を受診した患者から家族や職場の同僚らにも感染が広がった。野尻技監は「医療従事者の手指を介して同室者に接触感染が起きたのでは」と推定。県では最終的に同病院関連で計11人が感染したとみている。

国以上の対応

 病院内は「どこで、どれだけの感染者が出ているか全くつかめなかった」(野尻技監)という厳しい状況だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ