PR

産経WEST 産経WEST

【check!ラジオ大阪】尾上右近、大河ドラマ「青天を衝け」出演裏話をこっそり披露

尾上右近
尾上右近
その他の写真を見る(1/2枚)

 ラジオ大阪(OBC)が毎週土曜の午後1時から放送する「あみるのママで」は、河島あみると川田一輝が、気になるトピックスや断捨離・掃除、魚に関する豆知識などを紹介する番組です。2月6日は、歌舞伎俳優の二代目尾上右近と電話をつなぎました。

 右近は、2月14日にスタートするNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」に、孝明天皇役で出演。「もともと、大河ドラマに出る機会があったら、うれしいなという気持ちがあった」と明かしました。さらに大河ドラマと自身について「主人公である渋沢栄一さんと、(自身の)曽祖父に付き合いがあった」、また「脚本家の大森美香さんが、去年(自身が)出演予定だった舞台の脚本を書いていた」などの接点を挙げ、「作品とのご縁、脚本家さんとのご縁で『もしかしたら出させていただけるんじゃないかな』と期待みたいなものがあった」と説明。

 実際に出演の話があったときの気持ちを「歌舞伎俳優の方々が天皇の役をなさることが多く、何か歌舞伎役者に課せられているその役の表現というものがある(と思う)。僕を歌舞伎俳優の一人として呼んでいただけたのがうれしい」と率直に語りました。

 大河ドラマの撮影現場については「(撮影は既に)始まっている。(現場に)プロフェッショナルが集まって、バトンをついでいくようは感動的で身が引きしまる。その中に飛び込んでいくのはワクワクした気持ち」と説明。「歴史を感じる瞬間もたくさんあるし、長く続いてつながってきたもの(というところが)歌舞伎に似ているのかな、伝統芸能に近いんじゃないかなと思ったりした」と話しました。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ