PR

産経WEST 産経WEST

関西財界セミナー コロナ禍で成長戦略描け 真価問われる関西財界

 新型コロナウイルスの第3波の中で開かれた関西財界セミナー。オンラインながら開催にこぎつけたことに関係者は胸をなで下ろす。すべての分科会でコロナがテーマになり、難局にもがく経済界の姿が浮き彫りになった。「危機をチャンスに転換」(セミナー声明)できるか。経済界には「伝統行事」の継続にとどまらない、思い切った取り組みが求められる。

 「先が見えない今だからこそ開催することに意義がある」。関西経済同友会の深野弘行代表幹事は、開催できたことに安(あん)堵(ど)した。

 コロナ禍で関西経済への打撃は大きい。日本総合研究所によると、令和3年度の域内経済成長率予想は2・8%。日本全体の3・5%より大幅に低い。訪日外国人客(インバウンド)需要が消滅し、回復への見通しは立たない。

 コロナ禍からの回復が6分科会すべてでテーマとなったなか、共通して指摘されたのは、コロナで浮き彫りになった関西のDX(デジタルトランスフォーメーション)の立ち遅れと、DXに対する意識変革の必要性だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ