PR

産経WEST 産経WEST

奈良・大神神社で節分祭 感染防止で豆は手渡し

福寿豆などが入った袋を受け取る参拝者ら=奈良県桜井市の大神神社
福寿豆などが入った袋を受け取る参拝者ら=奈良県桜井市の大神神社

 節分の2日、奈良県桜井市の大神神社で節分祭が行われ、丑(うし)年生まれの「年男」、「年女」が裃(かみしも)姿で、計約1千人の参拝者に手渡しで福寿豆と福餅を授与した。

 例年、節分には拝殿前の特設舞台から豆まきが行われているが、今年は新型コロナウイルス感染防止対策のため、手渡しに変更した。

 この日は拝殿で節分祭の神事が行われた後、祈祷殿前に設置されたテント張りの授与所に約40人の「年男」「年女」が並び、参拝者に、福寿豆などが入った袋を手渡した。

 昨年、東京から桜井市に移住し、初めて節分祭に訪れたという斉藤三雄さん(67)は、「コロナ禍で大変な中、福寿豆などの袋をいただき、感激しています。心が洗われる気持ちです」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ