PR

産経WEST 産経WEST

京都府知事「春に向けて収束目指す」 宣言延長受け

 緊急事態宣言再延長を受け、京都府の西脇隆俊知事は2日夕、記者団に対し、「医療体制の逼迫(ひっぱく)への警戒など、われわれ自治体の認識を踏まえた措置だと思っている。春の観光シーズンに向けてできる限り早く感染を収束させることを目指し、万全の努力をしていきたい」と述べた。

 その上で、宣言延長によって、飲食店などへの営業時間短縮などの要請について、「今後微修正はあるかもしれないが、基本的には内容を変えずに延長したい」とした。

 京都府では1月29日以降、新規感染者数が100人を下回り、この日も56人と減少傾向が続いている。府は3日午前、対策本部会議を開き、府民や飲食店への要請などについて決める方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ