PR

産経WEST 産経WEST

春日大社の節分万燈籠点灯 コロナ対策で非公開に

非公開で行われた春日大社の節分万燈籠。巫女が釣燈籠に火をともした=2日午後、奈良市(永田直也撮影)
非公開で行われた春日大社の節分万燈籠。巫女が釣燈籠に火をともした=2日午後、奈良市(永田直也撮影)

 節分の2日、世界遺産・春日大社(奈良市)で、恒例行事の「節分万燈籠(まんとうろう)」が新型コロナウイルス感染防止のため非公開で行われた。燈籠は例年の約3千基から約1千基に減らして点灯され、感染拡大の早期終息が祈願された。

 この日夕、回廊内の約1千基の釣燈籠に火がともされると、燈籠の透かし彫りがほのかに浮かび上がり、境内は幻想的な雰囲気に包まれた。本殿前では神事が行われ、神職らが新型コロナの終息や所願成就などを祈念した。

 春日大社では節分と盆に、参道の石燈籠約2千基と回廊内の釣燈籠約1千基に火をともし、無病息災などを願う万燈籠が行われる。

 今年は参拝者のいない異例の形となり、花山院弘匡(かさんのいんひろただ)宮司は「来年には多くの方が祈りの場に集まり、火をともしてもらうことを祈念しております」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ