PR

産経WEST 産経WEST

【SNSの罠】特殊詐欺 実行犯勧誘の男を詐欺容疑で逮捕 大阪

前のニュース

 高齢女性からキャッシュカードをだまし取ったとして、大阪府警捜査2課などは2日、詐欺などの容疑で福岡市博多区の自営業、大石凌容疑者(27)を逮捕したと発表した。大石容疑者は会員制交流サイト(SNS)を通じ、特殊詐欺の実行犯を勧誘する「リクルーター」の役回りだったとみられる。

 逮捕容疑は、何者かと共謀して令和元年10月、神戸市須磨区の90代女性に、電話で金融機関職員を名乗って「キャッシュカードが新しく変わる。カードを全て預かる」などと嘘を言い、キャッシュカード3枚をだまし取って現金約90万円を引き出したとしている。

 同課によると、複数の受け子との無料通信アプリでのやりとりなどから大石容疑者の関与が浮上。府警は少なくとも数件の特殊詐欺に関与したとみて、余罪を調べている。

     ◇

 SNSに関するご意見や情報を募集します。

  ikensns@sankei.co.jp までお寄せください。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ