PR

産経WEST 産経WEST

大阪国際2位の前田、粘って自己記録「良い経験」

2位でゴールする前田穂南=1月31日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(安部光翁撮影)
2位でゴールする前田穂南=1月31日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(安部光翁撮影)

 悔しさも収穫もある42・195キロだった。「自己記録をぎりぎり出せたのは良かったけど、後半、ペースを上げられず長く感じた。良い経験になったかなと思う」。31日の大阪国際女子マラソンで2位となった前田穂南(天満屋)は落ち着いた口調でレースを振り返った。

 2時間20分切りを狙ったレースは、早くも14キロ手前で雲行きが怪しくなった。「呼吸というより、足に来てしまった」。1キロ3分18秒前後で引っ張るペースメーカーについていけなくなり、後退を余儀なくされた。

 天満屋の武冨豊監督によると、両足裏に締め付けるような張りが出てしまったという。それでも自己記録を18秒更新する2時間23分30秒でフィニッシュ。粘り強さを見せた。

 例年ならマラソン前に米国で高地合宿を組むが、今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、不慣れな国内合宿に。昨年末には足に痛みも出た。練習メニューの組み立ては難しく、武冨監督は「記録を狙うペース設定にしていいのか、少し落として負荷を軽くしていいのか。中途半端になったかな」と、自身の迷いが結果に響いたとみる。

 前田自身も「不安な部分があった」と言うように、練習をやり切れなかったとの思いがあるのだろう。目標タイムをクリアできなかったが、次に向けては、うまく切り替えていけそうだ。東京五輪本番へについて問われた24歳は「金メダルを取れるように頑張ります」とためらいなく言い切った。 (宝田将志)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ