PR

産経WEST 産経WEST

【SNSの罠】「闇バイト」検索して特殊詐欺 大阪府警、容疑で「出し子」逮捕

前のニュース

 高齢女性からキャッシュカード5枚を詐取したとして、大阪府警捜査2課などは28日、詐欺容疑で住所不定の無職、荒牧亮太容疑者(26)を逮捕したと発表した。府警は、荒牧容疑者が会員制交流サイト(SNS)を通じて特殊詐欺の実行犯に応募。カードを受け取る「受け子」やカードで現金を引き出す「出し子」として、少なくとも計2千万円の特殊詐欺被害に関与したとみている。

 逮捕容疑は何者かと共謀し27日、府警や警視庁の職員を名乗って同府吹田市の70代女性に電話をかけ、「あなたの口座から不正に出金されている。お金が戻るためにはキャッシュカードの提出が必要」などと嘘を言い、女性からカード5枚を詐取したとしている。

 荒牧容疑者は以前、九州在住で会社員だったが、退社しSNSのツイッターで「闇バイト」と検索。詐欺グループの指示を受け、大阪で犯行を繰り返していたとみられる。

 SNSに関するご意見や情報を募集します。

  ikensns@sankei.co.jp までお寄せください。QRコードからメールできます。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ