PR

産経WEST 産経WEST

野口みずきさん「ライバルがいたから記録出た」 大阪国際に期待

大阪国際女子マラソンへの期待を語る野口みずきさん(前川純一郎撮影)
大阪国際女子マラソンへの期待を語る野口みずきさん(前川純一郎撮影)

 1月31日に開催される「第40回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、奥村組協賛)。大阪市の長居公園周回コース(1周2・8キロを約15周)にコースが変更になった今回のレースは東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)と前田穂南(天満屋)の2人の走りに大きな注目が集まる。レースへの期待や五輪代表の心構えについて、2004年アテネ五輪金メダリストで日本記録保持者の野口みずきさんに話を聞いた。(丸山和郎)

 --好記録が相次いで出るようになった日本の女子マラソン界の現状をどう見ているか

 「止まっていた時計の針が動き出したという感じがします。MGCの創設をきっかけに、選手の意識が変わってきました。大きな目標に向かって、互いに意識しあって高め合うことができています。高橋尚子さんや私が走っていたころは選手層も厚かったので、まだそこまでにはいたっていないのかもしれませんが、ああいう時代にようやく戻ってきたなと思います」

 --五輪や世界選手権で戦うためには、ペースの変化への対応が求められる。スピードの重要性をどう感じているか

 「私がアテネ五輪を走ったときはそれほど激しいペース変化はなくて、徐々にビルドアップしていく感じだったんですけど、最近はアップダウンが激しいレース展開が世界での戦い方になっています。女子マラソンの世界記録は2時間14分4秒(ブリジット・コスゲイ=ケニア)で、一山選手でも、まだ6分以上の大きな差があります。2時間19分台を狙うには、ハーフマラソンでも1時間7分台で走る力が必要になるし、もっともっとスピードはつけていかないといけません」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ