PR

産経WEST 産経WEST

壁画絵師の木村英輝さん、延暦寺にタペストリー奉納

根本中堂の素屋根の内側に飾られたタペストリーを前に創作意図を語る木村さん(右)=大津市の延暦寺
根本中堂の素屋根の内側に飾られたタペストリーを前に創作意図を語る木村さん(右)=大津市の延暦寺
その他の写真を見る(1/2枚)

 キーヤンの愛称で親しまれている京都市在住の壁画絵師、木村英輝(ひでき)さん(78)がこのほど、大規模修理中の世界遺産・延暦寺(大津市)の根本中堂(国宝)にタペストリーを奉納した。象やクジャク、コイなどの動物や人が堂内の「不滅の法灯」へと導かれるように空を舞う様子が描かれている。

 タペストリーは、底辺約18メートル、高さ約7メートルの直角三角形で、タイトルは「生けるものたち何処へ行く」。根本中堂は工事のため素屋根にすっぽりと覆われており、素屋根の内側の南北2カ所の側面に設置された。

 アクリル絵の具を使って帆布に約6分の1サイズの原画を描き、それを超高精細デジタル画像の技術でスキャニングして、防災加工を施した生地に印刷した。

 同寺では修理の様子を素屋根内に設けた通路から見学できる。タペストリーは令和7年度の工事終了まで掲出しその後、裁断してトートバッグに仕立てて販売。売り上げを寄付するという。

 絵師の傍らロックイベントのプロデュースなどを手掛ける木村さんが3年前、同寺のロック好きな僧侶と意気投合し、殺風景な素屋根を明るくしたいと絵の奉納が決まった。

 「プリントなのにまるで描いたようで驚いた。地球温暖化やAI(人工知能)など制御できない問題に手を付けた人間はどこへ向かうのか不滅の法灯に導いてほしい」と木村さん。水尾寂芳執行(しぎょう)(63)は「(今年の伝教大師の)大遠忌の記念になった。法灯の方へ集まるという思いが伝わる。たくさんの人に見てほしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ