PR

産経WEST 産経WEST

阪神大震災、現地から「第1報」の元NHK・住田アナ「ラジオ深夜便」で15日に震災特集

前のニュース

阪神大震災で倒壊した阪神高速道路の様子をテレビでリポートする住田さん(NHK大阪拠点放送局提供)
阪神大震災で倒壊した阪神高速道路の様子をテレビでリポートする住田さん(NHK大阪拠点放送局提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 阪神大震災が起きた1月17日に合わせ、震災関連の企画を毎年放送しているNHKラジオの「ラジオ深夜便」。平成24年からアンカーを務める神戸市出身の元NHKエグゼクティブアナウンサーの住田功一さん(61)は、同市内の実家へ帰省中に震災に遭遇し、NHKの放送で最初に現地から状況を伝えたことで知られる。震災26年を迎える今回は、15日深夜から放送。ラジオで語り続けるその体に宿るのは、被災地であり、故郷でもある神戸への深い思いだ。(渡部圭介)

 住田さんは震災が起きた7年当時、東京アナウンス室に所属。休みで帰省中の17日午前5時46分、震災に遭遇した。直後にテレビで伝えられたのは「東海地方で大きな揺れ」。現地に取材に向かうべきか判断を仰ごうと、職場に電話をした。

 その後、東海地方を上回る神戸の震度情報が入り、そのまま現地の被害状況をリポートすることになった。午前6時4分、ニュース番組で揺れの状況や時間、周囲の状況を報告した。これがNHKにとって、被災地から最初のリポートになった。

 ところが、時間がたつにつれて判明する被害は、住田さんの報告とは大きな温度差があった。各地で上がる火の手、阪神高速道路やビルの倒壊…。しかし、住田さんの実家付近はたまたま被害が小さく、窓ガラスもほとんど割れなかったという。市内を見渡せる場所ではなかったため、他の地域の被害状況は把握できなかった。

正確に伝えた…

 政府の初動対応の遅れも指摘された阪神大震災。住田さんがリポートしたNHKの“第1報”が「被害は小さいという印象を与えたのではないか」という厳しい見方も、のちに耳にした。

 アナウンサーは直接見たもの、確認が取れたもの以外はしゃべってはいけないと教えられた。忠実に、正確に伝えたという自負はある。続報も送った。ただ、「最初のリポートがなぜ、僕だったのか」と自問することもあったという。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ