PR

産経WEST 産経WEST

兵庫県全域 飲食店の時短営業要請へ

兵庫県庁=神戸市中央区
兵庫県庁=神戸市中央区

 兵庫県は12日、新型コロナウイルス対策の特措法に基づく緊急事態宣言が発令された場合に、飲食店の営業時間を県内全域で午後8時までに短縮するよう要請することなどを柱とした緊急事態措置をまとめ、発表した。期間は宣言発令の翌日から2月7日まで。

 同県によると、時短営業の対象は接待を伴う飲食店や居酒屋だけでなく、飲食店営業許可を受けている喫茶店なども広く含める。宅配やテークアウトは対象外。酒類の提供は午前11時~午後7時までとする。

 時短に応じた店舗には1日当たり6万円の協力金を支給。財源は国が8割を負担、残る2割を県と市町で分担するとしている。

 また期間中のイベントの開催について、人数の上限を5千人とし、屋内では収容率を50%以下にすることを要件とする。劇場や映画館なども同様の使用制限とともに午後8時までの時短を求める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ