PR

産経WEST 産経WEST

北陸道立ち往生全て解消

大雪の影響で渋滞が続く国道8号線=11日午後3時ごろ、福井県坂井市(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)
大雪の影響で渋滞が続く国道8号線=11日午後3時ごろ、福井県坂井市(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大雪の影響で福井県の北陸道で発生した車の立ち往生は11日深夜、全て解消した。中日本高速道路によると、自衛隊などの作業の結果、上り線丸岡インターチェンジ(IC)-金津IC間に最後まで残っていた二十数台が救出された。これで北陸道や東海北陸道などで発生した立ち往生は全て解消されたことになる。

 9日以降、富山県を含め、一時1200台を超える車が動けなくなり、富山、福井両県は自衛隊に災害派遣を要請。多数の車の立ち往生や負傷者を出した平成30年の「福井豪雪」に匹敵する大雪になった。

 富山県氷見市の一部の集落では、倒木などによる道路の寸断で、10日までに150人以上が孤立状態になった。11日までに孤立が確認された6地区のうち、4地区は解消された。県は11日、新たに同市に災害救助法を適用したと発表、2地区の復旧作業を急いでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ