PR

産経WEST 産経WEST

AI予測でドラレコが警告「事故の危険性が高い地点です」

 県が取り組みに力を入れる背景には、交通事故をめぐる深刻な状況がある。

 昨年の県内の交通事故死者数は59人。人口10万人当たりの死者数は6・17人で全国平均(2・25人)を大きく上回り、8年ぶりに全国最悪となった。

 亡くなった人のうち65歳以上が7割超を占めたのを受け、香川県警は今年、高齢者の事故を防ぐ対策に力を入れるとともに、「横断歩道は歩行者優先」という基本的なルールの徹底をドライバーと歩行者に訴えかける方針だ。

 交通事故の要因の一つとして浜田恵造知事は「比較的、道路環境が整備されている一方で、車が過密ではない」点を指摘。同マップでは、交差点や道幅の狭い場所だけでなく、見通しの良い道路での漫然運転による事故の危険性も指摘されているとした上で、今回の取り組みについて「リアルタイムな注意喚起で一歩進んだ事故抑止につながる」と期待を寄せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ