PR

産経WEST 産経WEST

知人女性を無断堕胎 岡山の元外科医 初公判で認める

 妊娠していた20代の知人女性に無断で堕胎手術を行い、けがをさせたとして、不同意堕胎致傷の罪に問われた岡山済生会総合病院の元外科医、藤田俊彦被告(34)は6日、岡山地裁(御山真理子裁判長)で開かれた初公判で「間違いない」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、被告と女性は肉体関係にあったと指摘。被告は当時、別に婚約者がおり、女性から妊娠を告げられ「堕ろす以外の選択肢はない」と言ったが中絶を拒否され、「1千万円を払うから堕ろしてくれ」と懇願したとした。

 その後、被告が「エコーで胎児の姿を見れば(自分の)気が変わる可能性がある」と説明し、女性を病院に呼び出したとしている。

 起訴状などによると昨年5月、当時妊娠2カ月だった女性に鎮静剤などを投与して意識を失わせた上で、同意を得ないまま胎児を堕胎させたなどとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ