PR

産経WEST 産経WEST

臭わず虫こずの生ごみ処理機は国内外で最高評価のデザイン

国内外のデザイン賞を受賞した生ごみ減量乾燥機「パリパリキュー」=12月17日、香川県観音寺市
国内外のデザイン賞を受賞した生ごみ減量乾燥機「パリパリキュー」=12月17日、香川県観音寺市
その他の写真を見る(1/3枚)

 ごみ処理施設のプラント設計などを手がける「島産業」(香川県観音寺市)が昨年発売した家庭用の生ごみ処理機「Paris Paris Cue(パリパリキュー)」は温風で生ごみを乾燥させ、悪臭の発生を抑える。キッチンになじむ外観や機能性が評価され、世界的なデザイン賞を受賞し、国内を代表する賞にも輝いた。シリーズの累計販売台数が10万台超という生ごみ減量乾燥機。支持される秘密を探った。

重さは5分の1に

 パリパリキューで乾燥させたキャベツやニンジンなどの野菜は軽く、力を入れて握りしめると枯れ葉のように崩れそうな感触。鼻を近づけると香ばしいにおいがした。商品名の「パリパリ」は物が砕ける音、「キュー」は落ち葉を踏みしめる音にちなんだという。

 使い方は簡単だ。生ごみを集めたバスケットを、上部の蓋を開けて内部にセットし、スイッチを押すだけ。生ごみに温風を吹き付け、数時間で乾燥。重さはおよそ5分の1になり、かさも減る。腐らないので嫌な臭いに悩まされることもなく、虫も寄ってこない。処理後は可燃ごみとして出すほか、家庭菜園の肥料にも使える。

 同社商品開発グループ次長の藤田晃男さんは「4月の発売以来、想定の300%以上の売れ行き」と明かす。地元の観音寺市のふるさと納税の返礼品にも採用された。

デザイン賞総なめ

 臭い、虫、水分といった生ごみにまつわる問題を解消するだけでなく、外観も好調さを支えているようだ。コンパクトな大きさで、白を基調としたシンプルなデザイン。キッチンで炊飯器や電子レンジの隣に並んでいても違和感のないたたずまいが特徴だ。

 デザインや機能性が評価され、世界的に知られる「iFデザインアワード2020」や「Red Dotデザインアワード2020」に選ばれたほか、「GERMANデザインアワード2021」特別賞を獲得。国内を代表する「グッドデザイン賞2020」も受賞した。

 デザインを担当するのは社内の開発メンバー数人と社長。試作を繰り返し、形やカラーリングを決める。藤田さんは「商品の存在価値を認めてもらった。社内で考え製作した商品が評価されたことは、開発、販売の自信につながる」と受け止める。

自治体の悩みきっかけ

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ