PR

産経WEST 産経WEST

「声が出にくくなった」長引く外出自粛、高齢者に何が 

大阪大の学生が作った「よりそい隊通信」を手渡す地域の福祉委員ら(大阪府吹田市社会福祉協議会提供)
大阪大の学生が作った「よりそい隊通信」を手渡す地域の福祉委員ら(大阪府吹田市社会福祉協議会提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出を控える高齢者が増えている。重症化リスクがある高齢者に十分な感染対策は不可欠だが、運動量やコミュニケーションの減少が心身の健康を損ねる恐れもある。カギを握るのは「運動」「栄養」「社会参加」。年末年始の帰省を控えた人も多いとみられるが、専門家は「子供や孫が意識し、つながりを増やしてほしい」と呼びかけている。(野々山暢)

 《幸せが届きますように》。昨年12月、大阪府吹田市に住む独居の高齢者約130人に手書きのクリスマスカードが届いた。

 手がけたのは大阪大の学生団体「すいすい吹田」に所属する学生10人。緊急事態宣言中の同年4月、高齢者の孤立を防ごうと、地元の社会福祉協議会などと連携して初めて手紙を送った。

 翌月からは、学生がそれぞれの近況などを知らせる「よりそい隊通信」を作成。地区の福祉委員らが高齢者に直接手渡し、「声に出して読んで」と呼びかけている。活動に参加する置塩ひかるさん(23)は「気にかけてくれる人の存在を実感できれば、力になるはず」。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ