PR

産経WEST 産経WEST

SL「頭出し」展示でずらりそろい踏み 京都鉄道博物館

新春恒例の「頭出し」展示でずらりと並んだ蒸気機関車。家族連れらが撮影を楽しんだ=3日、京都市下京区(渡辺恭晃撮影)
新春恒例の「頭出し」展示でずらりと並んだ蒸気機関車。家族連れらが撮影を楽しんだ=3日、京都市下京区(渡辺恭晃撮影)

 京都市下京区の京都鉄道博物館で、扇形車庫から蒸気機関車(SL)の先頭部分を出す新春恒例の「頭出し」展示が行われている。3日も鉄道ファンが訪れ、ずらりと並んだSLの撮影を楽しんだ。11日まで。

 2~3日は明治時代に製造された「義経号」など18両が特別公開された。4日以降は国内最大の旅客用SL「C62形1号機」やお召し列車として活躍した「C51形239号機」など13両が展示される予定。

 担当者は「蒸気機関車の迫力を感じてほしい」と話した。前売り入館券が必要。詳細は同館公式サイト(http://www.kyotorailwaymuseum.jp)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ