PR

産経WEST 産経WEST

不登校経験者の声集めた事例集でエール 当事者の両親発行

不登校経験者らへのインタビューをまとめた事例集「雲の向こうはいつも青空」
不登校経験者らへのインタビューをまとめた事例集「雲の向こうはいつも青空」
その他の写真を見る(1/2枚)

 息子の不登校を体験した両親が、不登校だった人やその家族、支援者らにインタビューをした事例集が注目を集めている。これまでに4冊を発行し、毎回7人に取材。「不登校という厚い雨雲の向こうには必ず青空が広がっている」。迷い悩んだ経験から得た、両親のそんな思いの込もる事例集には、当事者ならではの言葉が凝縮され、今まさに不登校に苦しむ人々を励ましている。(木ノ下めぐみ)

長男がきっかけ

 不登校インタビュー事例集「雲の向こうはいつも青空」は、川崎市の金子あかねさん(50)と夫の純一さん(48)が運営する市民団体「びーんずネット」が昨春創刊し、半年ごとに発行している。

 金子さん夫妻の長男は、学習障害(LD)をからかわれたり、先生や友達との人間関係につまずいたりしたことなどもあり、小学3年の秋から学校に通えなくなった。「僕なんか生きていても仕方がない」と涙を流す長男の姿に、「人生はこれから楽しいことがいっぱいあるのに、こんな小さな子供が口にする言葉なのか」とあかねさんは胸が締め付けられた。

 幼少期から不安がふくらむと手洗いを繰り返すなど繊細な長男の不登校。あかねさんは「とうとう来たか」と受け止めて見守ったが、周囲には理解されない。自分の母親からは「あなたの代わりに(孫を)学校に連れて行きたい」と言われ、「だめな親だと責められているようだった」と振り返る。

 長男は翌春から都内のフリースクールに通うようになり、友人もできた。同じような境遇の保護者との交流も生まれ、あかねさんの孤独感はやわらいだ。そして不登校を経験した人たちの「その後」を発信することは今、不登校に苦しむ多くの人を勇気づけると考え、平成30年にびーんずネットを設立。事例集の発行や、不登校経験者の生の声を伝えるセミナーの開催などを活動の柱に据えている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ