PR

産経WEST 産経WEST

三田阪急、来秋までに閉店へ 「キッピーモール」中核店舗

 エイチ・ツー・オーリテイリングは18日、傘下の阪急阪神百貨店が運営する三田阪急(兵庫県三田市)を来秋までをめどに閉店すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響に加えて周辺の商業施設との競争も厳しく、営業継続が難しいと判断した。

 同店はJR三田駅前のショッピングセンター「キッピーモール」の核店舗として平成17年9月にオープン。ピーク時の売上高は平成19年度の15億6900万円。2年度は新型コロナの影響で休業や時短営業を余儀なくされたことなどから10億9600万円を見込む。

 具体的な閉店日は未定だが、来年夏から秋ごろを予定しているとしている。従業員51人(1日現在)は基本的に他店へ配置転換する。業績への影響は軽微としている。

 同店が入居する「キッピーモール」を運営する第三セクター、三田地域振興は「(阪急側から)11月27日に閉店したいとの申し入れがあった。突然のことで、次のテナント誘致もこれから考えねばならない」と話す。業態なども現段階では白紙という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ