PR

産経WEST 産経WEST

表情分かる「近大マスク」ミナミの飲食店に寄贈

近畿大学が開発した飛沫防止マウスシールド「近大マスク」の寄贈を受け、店員が使用している「お好み焼き千房」道頓堀店=18日、大阪市中央区(南雲都撮影)
近畿大学が開発した飛沫防止マウスシールド「近大マスク」の寄贈を受け、店員が使用している「お好み焼き千房」道頓堀店=18日、大阪市中央区(南雲都撮影)

 近畿大は18日、理工学部の西籔和明教授らが開発したプラスチック製の飛沫(ひまつ)防止マウスシールド「近大マスク」3千個を、新型コロナウイルスの影響で苦境に立つ大阪・ミナミの飲食店約40社に寄贈した。

 全面が透明なため、口の動きや表情が見え、細かな意思疎通が図れることが強み。西籔教授は「飲食店では従業員の表情も大切になる。年明けには量産を図りたい」と述べた。使用状況を調べ、さらに改良していく方針という。

 近大マスクの開発には、大学が立地する大阪府東大阪市の地元企業も協力した。マスクはプラスチック製で、眼鏡のように耳にかけて使用し、フレームの位置も2段階で調整できる。

 またマスク着用時の気流の可視化実験も行い、飛沫防止効果が高いことも確認したという。

 この日、大阪市中央区のお好み焼きチェーン「千房」の店舗で行われた寄贈式には、近大関係者や飲食店事業者らが参加。マスクを受け取った、串カツチェーン「串かつだるま」運営会社の上山勝也会長は「たくさんの飲食店が、新型コロナによって厳しい局面にある。このマスクを使用し、感染防止しながら楽しい食事を提供できれば」と期待を込めた。

 近大はすでに、聴覚障害がある子供たちに向け、大阪府内の支援学校や小学校などに2200個の近大マスクを寄贈している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ