PR

産経WEST 産経WEST

妻を刺殺容疑で80歳男逮捕 無理心中図ったか 大阪

 妻(77)を包丁で刺殺したとして大阪府警大正署は18日、殺人の疑いで大阪市大正区平尾の無職、神原(かんばら)秀利容疑者(80)を逮捕した。神原容疑者は犯行後、自身の胸も包丁で刺したとみられ、同署は無理心中を図ったとみて詳しい動機などを調べている。

 逮捕容疑は3日午前10時35分ごろ、市営住宅内の自宅居間で、妻の照子さんの胸部を出刃包丁で刺し、失血死させたとしている。同署によると、神原容疑者は犯行後、別居する娘に「お母さんを殺したから今から自分も死ぬ」と電話をかけ、娘からの通報で駆け付けた警察官が、居間で手をつないだ状態で血を流して倒れている2人を発見。神原容疑者は病院に搬送されて治療を受け、回復を待って逮捕された。

 神原容疑者は「包丁で刺したのは間違いないが、娘に電話したときには妻は生きていた」と容疑を一部否認。平成28年7月に、神原容疑者の親族から照子さんに対するDV(配偶者間暴力)の相談が同署に寄せられたが、同年9月に照子さんからの申し出を受けて対応を終えていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ