PR

産経WEST 産経WEST

茶のしずく石鹸訴訟 大阪高裁で和解

 「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品を使い小麦アレルギーを発症したとして、大阪府などの20~50代の男女20人が、製造販売元の悠香ホールディングス(福岡県)など3社に1人あたり1500万~1千万円の損害賠償を求めた訴訟は18日、大阪高裁(石原稚也裁判長)で、3社が1人あたり計584万円の解決金を支払うことで和解が成立した。

 和解内容は解決金のほか、3社が社会的・道義的責任を認め、被害に遺憾の意を表明。昨年3月の1審大阪地裁判決は3社の製造物責任を認める一方、1人あたりの賠償額を150万~250万円としたため、原告と被告双方が控訴していた。

 被害救済にあたってきた弁護団の児玉憲夫団長は「今もアレルギー症状に苦しむ被害者にとっては十分ではないが、勝訴的な和解だと考えている」と話した。悠香ホールディングスは「現時点ではコメントできない」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ