PR

産経WEST 産経WEST

中年男性用ヘッドスパ開発 近畿大と奈良県理容組合

「できる男は何かが違う 頭皮が違う」をキャッチコピーに近大と奈良県理容組合が開発した中年男性に向けたヘッドスパ体験の様子=奈良市
「できる男は何かが違う 頭皮が違う」をキャッチコピーに近大と奈良県理容組合が開発した中年男性に向けたヘッドスパ体験の様子=奈良市

 中年男性がリフレッシュできるヘッドスパを提供したい-。こうした思いから奈良県理容生活衛生同業組合(奈良市)は近畿大学経営学部(大阪府東大阪市)とタッグを組み、中年男性向けのヘッドスパ「SUZAKU」を開発した。12月から県内の理容室10店舗でサービスを開始している。

 開発は、昨年6月に同組合が同学部キャリア・マネジメント学科の中(なか)谷(や)常二教授のゼミに協力を依頼してスタート。

 「ヘッドスパをオーダーする客は2割に満たない。利用者の多い中年男性の顧客満足度を上げたいと思った」。同組合青年部長の今西正樹さん(44)はこう話す。

 調査や話し合いを重ねた結果、学生側からは、理容室ではシャンプー台でヘッドスパを行うことが多いが、リラックス効果を高めるため、一連の流れを完全に分ける▽椅子を寝かせて楽な姿勢で行う▽視覚を遮断し、手が楽になるようクッションを置く-といった提案が出された。

 こうした提案をもとに、手順などを記したマニュアルを同組合が制作。また、販売プロモーションのための名前「SUZAKU」やキャッチコピーも考えた。 「SUZAKU」は中国の伝説上の神獣「朱雀」と奈良の観光スポットでもある平城宮跡の朱雀門から名付けたという。キャッチコピーには、「頭皮にも休息を」「イイ男は頭から」など印象的な言葉が並ぶ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ