PR

産経WEST 産経WEST

【動画】大阪に派遣の自衛隊看護官ら7人、伊丹駐屯地で出発式

出発式で陸上自衛隊の野沢真中部方面総監(奥)に出発を報告する派遣隊員=14日午後、兵庫県伊丹市の伊丹駐屯地(永田直也撮影)
出発式で陸上自衛隊の野沢真中部方面総監(奥)に出発を報告する派遣隊員=14日午後、兵庫県伊丹市の伊丹駐屯地(永田直也撮影)

 新型コロナウイルス感染拡大で医療体制が逼迫(ひっぱく)している大阪府に派遣される自衛隊の看護官ら7人の出発式が14日、兵庫県伊丹市の陸上自衛隊中部方面総監部(伊丹駐屯地)で開かれた。7人は府内2カ所で15日から約2週間、医療支援活動を行う。

 派遣されるのは、看護師資格を持った同駐屯地の看護官1人と准看護師資格の自衛官5人、集中治療室(ICU)勤務経験のある防衛医科大病院の看護官1人。15日から運用が始まる大阪コロナ重症センター(大阪市住吉区)に3人、府立中河内救命救急センター(東大阪市)に4人と二手に分かれる。

 出発式で、女性看護官が「大阪府における医療支援のため出発します」と報告すると、中部方面総監の野沢真陸将が「よろしく頼む」と激励した。その後、7人は同僚や防衛省職員ら約300人に見送られながらマイクロバス2台に乗り込み、現地に向かった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ