PR

産経WEST 産経WEST

大阪万博の会場建設費上振れ 関西財界「同意せざるを得ない」

 大阪・関西万博の会場建設費が膨らむことに関し、寄付金集めを担ってきた関西財界は協力の意向を表明した。これまで負担増に警戒感を示してきたが、万博が関西経済の起爆剤と位置付けられるなか「同意せざるを得なかった」(関西財界関係者)のが実情だ。ただ、コロナ禍で企業業績が低迷しており、上積み達成への道のりは険しい。

 当初計画での経済界の負担額は約417億円。そのうち、関西財界の担当分約200億円は昨秋の段階で「めどがついた」とし、目標引き上げを図っていた。ある程度の上積みは進んでいたとみられ、要請を受ける素地になったようだ。

 「国をあげてのプロジェクト」(関西経済連合会・松本正義会長)と強調してきた経緯もあり、選択肢は限られていた。

 経済界は今後、増額分の確保を本格化させる。「まだ寄付を呼びかけていない企業に依頼する」(財界幹部)とするが、コロナ禍のなか難航は必至だ。寄付に同意した企業でも業績悪化で方針を変える可能性もある。

 また、関西財界とともに寄付金集めに取り組む経団連の対応も焦点となる。東京五輪に注力し万博への対応は出遅れ気味とされ、さらなる負担は重荷になる。経団連への呼びかけも鍵を握りそうだ。(黒川信雄)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ