PR

産経WEST 産経WEST

奈良で行方不明の女子中学生、遺体で発見 自殺の可能性 

 奈良県警奈良西署は11日、奈良市で今月1日から行方不明となっていた中学2年の女子生徒(14)が11日午前、同市の自宅周辺の雑木林で遺体で発見されたと発表した。同署が9日から公開捜査をしていた。遺体の状況から自殺の可能性が高いとみて調べている。

 同署によると、11日午前9時20分ごろ、捜索中の県警機動隊員が雑木林で倒れている女子生徒を発見。近くの木から電気コードのようなものが垂れ下がっており、女子生徒の首にはコードが食い込んだような跡があったという。周辺に争ったような形跡はなかった。

 女子生徒は1日午前7時20分ごろ、学校に行くと告げて自宅を出たが、その後行方が分からなくなった。

 県警は自宅周辺で聞き込みするなど捜索を続け、11日は朝から約100人態勢で周辺の池や雑木林などを捜索していた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ